パソナキャリアの体験談

自分より社会人経験の浅い転職エージェントが担当になった結果

自分よりも若くて社会人経験も浅いエージェントが担当になった30代女性の転職体験
30代の代理店に勤めていた女性の転職体験談です。インターネットで求人探しをしていたところ、たまたまパソナキャリアが管理している求人を見つけたことがきっかけでエージェントを利用したそうです。

自分よりも若くて社会人経験の浅いエージェントが担当になり不安もありましたが、親身になって相談に乗ってくれたことや、給料の交渉などを代わりに行なってくれたことには満足だったそうです。

転職活動するならエージェントへの登録は当たり前の時代

インターネットで求人の検索をしていたところ、エージェントが管理している求人に興味を持ったことがきっかけです。

その求人について問い合わせをしたところ、エージェントから「今後のキャリアや希望の仕事内容をヒアリングして、ご希望に沿う求人のご紹介をさせてください」というお話をいただきました。

自分では探す限界もあるし、思わぬところで自分の興味に引っかかる企業を紹介してもらえるかもしれないと思い、エージェントに登録し仕事の紹介を依頼することにしました。

他にも友人と仕事探しの話をしていたところ、エージェントに何社か登録するのは今の時代当たり前みたい、と言われたことも理由の一つです。その友人は5社登録をしたそうです。

自分よりも社会経験が浅い!?エージェント利用の難しさを体感

登録はインターネット上で、履歴書や職歴、希望する職種、業種などを記入しました。

その後、面談となる訳ですが正直どこまで自分の今までのキャリアやスキルを理解してくれるのか、そして親身なアドバイスをくれるのか不安もありました。

しかし、エージェントの知名度や自分が気になった求人を管理しているから、という理由で利用してみようと思いました。

しかし、会社によっては、自分より若い年齢の方がキャリアアドバイザーとして出てきて話をすることもあり、自分より社会人経験の浅い人にどこまで理解してもらえるんだろう?という思いを持ちながら話をすることもありました。

そのエージェントから紹介してもらった会社はピント外れなものもあり、エージェント利用の難しさを感じたこともありました。

転職活動への不安や相談を親身になって聞いてくれたことは好印象

上記で触れた内容を重複することもありますが、初めてエージェントにあった時の印象として好印象だったのは、今までのキャリアやスキルを聞いて、自分の転職活動をしていくにあたっての不安やアピールポイントなどを親身に聞いてアドバイスをくださったときは、頼もしく思いました。

しかし、自分より年齢の若いキャリアアドバイザーとはいくら話しても理解してもらうのは難しいなと正直思い、最低限の話だけして、紹介してもらえる求人で興味があるものがあれば利用させてもらおうと割り切ることにしました。

シビアな年収の交渉も代わりにしてくれる

今までのキャリアやスキルに自分では自信を持っていたのですが、やはり不安も募ることがあります。

そんな時に親身になって下さるキャリアアドバイザーの方ですと、「あなたのこんなスキルが活かせると思います」とアドバイスをくれたり、お勧めしてくださる会社の雰囲気など、外からでは見えない点を教えてくださりました。

個人で転職活動するのでは、そこまで知ることが出来ないので良かったと思います。

また年収の面でも企業との間に立って交渉してくださるので、シビアなお金の話を直接しなくていいのは、気持ち的にとても安心です。

またエージェントよって、会社側の考えにもよりますが、面接に立ち会ってくださる場合もあり、これは人にもよるともいますが、私は安心するポイントでもありました。

エージェントを利用する前後では求人数が圧倒的に違う

エージェントを利用する前と後では、紹介してもらえる求人の数が圧倒的に変わったと思います。もちろん自分が希望にマッチしている、していないというのもありますが。

利用してみて感じたことは、エージェントの数が多いことです。

求人サイトにも何社か登録をしたのですが、そのサイトと提携しているエージェントから希望業種ではない求人なのに、その求人をきっかけに「一度会ってお話させてください」というスカウトのお話をいただくことも増え、どこまで一人一人の希望を理解して声をかけてくれているのだろう?という思いになったこともありました。

自分の希望と合うエージェントを見つける、というのも無駄な動きなく転職活動を進めるやり方なのかな、とも思いました。

希望する転職内容を隠さずはっきり伝えることが大切

エージェントには、自分の希望をはっきりと伝え、またキャリアチェンジを考えているなら自分のスキルがどんなことに活かせそうか、自分の経験を整理して相談するとよいと思います。

自分のスキルを整理してからアドバイザーに相談しよう

自分のキャリアやスキルを棚卸をして整理をし、今後のキャリアに求めること、給料、福利厚生、待遇面などをきちんとまとめて、アドバイザーとの面談に臨むことが肝心かと思います。

その前に利用しているエージェントが自分が希望する業界に強いかどうか、というのも調べてみるとよいと思います。

エージェントへの登録、相談にお金がかかったことはありません。親身になってサポートしてくださる方と出会えるといいですね。

出産後の育児に備えて定時で帰宅できる事務職に転職したい!

事務職に就きたい31歳女性の転職体験談
営業職に勤めていた31歳女性の転職体験談です。結婚・出産を機に、定時で終わる事務職に転職したいと思い、パソナキャリアとマイナビエージェントに登録したそうです。

未経験の職種への転職希望のため、自分一人で転職活動していた時は門前払いばかりでしたが、転職エージェントに相談したおかげで、未経験でも可能な求人を紹介してもらい、希望の事務職へ転職できたそうです。

未経験でも転職エージェントを利用すると事務職に転職できる!?

知人が転職エージェントを利用して転職をした話を聞いたので、私も転職エージェントに登録しました。

その知人はこれまで営業職の経験しかなく、特に資格も保有していなかったにもかかわらず、転職エージェントを利用したことで自分の希望に合った仕事(大企業の事務職)に転職出来ました。

その知人の転職活動を見て、私も転職エージェントを利用して転職活動をしたいと思っていました。

また、転職エージェントを通じて転職活動をすることは、自分の希望をしっかりと聞いてくれて自分に合う仕事や企業を提案してくれるので、自分で探すよりも質と効率がいいと思いました。

転職エージェントしか持っていない非公開の求人も提案してくれるのでライバルが少なくて早く転職が出来る感じました。

企業からの報酬を目的としたマッチングをするのではないか?

転職エージェントは企業から報酬を得ていることを知っていたので、自分に合った企業よりも企業の報酬を目的としたマッチングをすると思い、自分の希望などを捻じ曲げられるのではないかといった心配はありました。

しかし、転職エージェントの面接時の最初にこの不安についてはきちんと説明をして頂き解決することが出来ました。

提案してもらう仕事も自分に合わないかもしれない、と思い素直に理由を述べて断ると転職エージェントは無理強いをすることなく、次に自分に合うような求人情報を持ってきてくれました。

面接時に受けた説明について本当だったと感じることが出来たので、安心して転職エージェントに任せることが出来ました。また時々電話やメールでフォローして下さってとても頼りになりました。

無資格で未経験の職種に転職するのは無謀かも・・・

初めて担当のエージェントに会った時はとても緊張していました。と、いうのも未経験の職種につきたいと思っていたのにもかかわらず、それに伴った資格を持ちえてなかったからです。

正直難しいと思っていたので自分の希望を伝えてどう思われるかが不安でした。

しかし担当のエージェントに会って、自分の希望を時間をかけて細かくヒアリングして頂き、未経験でも大丈夫と背中を押してもらい、面接前と面接後の自分の気持ちは全然違いました。

自分では見つける事ができなかった求人をたくさん紹介してくれた

自力では見つけられなかった求人情報が、転職エージェントを通じていくつか見つかったことはとても良かったです。

それまでは一般的に公開されている求人情報のみで、自分の希望とする職種はとても狭き門で未経験であれば門前払いでした。

しかし転職エージェントが持っている求人情報には未経験でも可能な仕事もたくさんあり、自分の視野を広げることに繋がりました。

また、履歴書や職務経歴書を書く時のポイントや添削をしてもらえたのでとても助かりました。

希望の求人の採用面接の際には面接前に志望動機の確認や履歴書をチェックしてもらったり、面接後は企業へ伝えきれなかったことフォローしてもらい、私を希望の仕事に転職出来るよう一緒に頑張ってくれたことがとても心強かったです。

定時に帰宅し子どもと夫と毎日楽しく過ごせるようになった

営業職の時は上司からのプレッシャーや予算に追われる日々、残業や休日出勤が続き精神的にも肉体的にも疲れていました。

しかし転職をしてプレッシャーや予算から開放され、定時に仕事が終えることが出来、プライベートを楽しむ時間も確保出来ています。

給料は前職より下がったものの、毎日を楽しむ余裕が出来ているのでとても良かったと思います。

また、家事と育児と仕事もうまく回せるようになり、子どもや夫と毎日楽しく過ごせるようになりました。

仕事を家に持ち帰ることもなく、仕事は仕事、家庭は家庭とオンとオフをはっきりと切り替えられること、仕事のことを家に帰ってまで考えなくていいことがとてもうれしいです。

給料以上の価値は多いにあると思ったので転職してよかったと思います。

自分の希望はどんなことでも隠さず転職エージェントに伝える事が大切

転職エージェントには自分の希望を伝える時に遠慮せずにはっきりと伝えた方がいいです。

エージェントが提案してくれる求人にブレがなくなるし、初めから妥協すると変に迷ってしまうことが出てくるからです。

どうしても妥協せざるを得ない状況になった時は、エージェントに頼って企業と交渉してもらうこともできるので転職エージェントを利用した転職活動はおすすめだと思います。

転職エージェントをうまく使うといい転職先にスムーズに巡り会えます。

目立ったキャリアや資格がなくても良い企業に転職できるの?

自分のキャリアに自信がない20代女性の転職体験談
システムエンジニアとして働いていた20代女性の転職体験談です。前職はソフトウェア企業ということもあり生活が不規則で、休日出勤・長期残業が冗長化していたため転職活動を始めたそうです。

「自分のキャリアに自信が持てない」という悩みを抱えて転職エージェントを利用してみたところ、その悩みも汲み取っていろんな企業を紹介してもらったそうです。

現在は人材派遣会社のシステム部に勤めており、以前よりも帰宅時間が早くなったり、土日もしっかり休めるようになったそうです。

求人票に記載されている情報は正しいのか確かめたい!

転職エージェントを利用したきっかけは、今後のキャリア形成なども考えると個人で転職先や企業情報を収集することに限界を感じたからです。

当初はマイナビ・リクナビなどを使って個人で情報を収集していましたが、やはりキャリア形成などを考えると、本当に求人票に記載されている情報は正しいのか、今まで転職した人の感想などが聞けないかと感じていました。

そこで、転職エージェントであれば数多くの転職者、転職先企業とのつながりをもとに自分のキャリアや転職先の雰囲気などを教えてくれるのではないかと考えました。

また、個人で閲覧できるサイトには載っていないエージェントが公にしていない転職先情報もあるため、自分の転職先の候補先を増やすためにも転職エージェントを利用しようと考えました。

目立ったキャリアや資格がなくても良い企業を紹介してもらえる?

転職エージェントを利用する前は新卒3年で転職を決意したこともあり、目立ったキャリアや資格などがないため、エージェントを利用しても、なかなか自分に合う企業を紹介してもらえないのではないかという不安がありました。

しかし、私よりも先に転職をしていた旦那が転職エージェントを利用して転職したこともあり、「不安になっていても、サイトから転職先がなかなか見つからないことは事実。そこは転職のプロに任せてみて、紹介してもらえる企業がないのであれば、別のエージェントを探せばいい。いい企業が見つかれば、運がよかったと考えるべきだ」とアドバイスをもらいました。

アドバイスをもらったおかけで、不安になっていても先に進めないし、とりあえず、転職エージェントと面談をしてみようと思いました。

面談開始10分で自分の強みを見つけ出したエージェント

初めてお会いしたエージェントの方はとても良い人柄で、私の今までのキャリアや転職したい業種、職種などを丁寧に聞いてもらいました。

私の要望を踏まえて私に合う企業について、いくつか候補や意見収集をしてくださいました。

当初は面接のような気構えでエージェントと会いましたが、話しているうちに面接ではなくカウンセリングのようなもののように感じてきて、10分もすれば自分のやりたいことや強みなどを自然に聞き出してくれていました。

経験した職種にとらわれずに自分の選択肢を広げられた

エージェントを利用してはじめに感じた良かった点は、転職サイトでは見つけられない(そもそも掲載されていない企業)を紹介してもらえたこと、自分が今まで興味を持っていなかった業種について知ることが知ることができたことです。

やはり、転職する方は少なくても1度は特定の業種、職種について経験するため、どうしても転職先への選択肢が狭くなりがちです。(実際私がそうでした)

そうした場合でもエージェントの方は細やかに情報提供をしてくれるため、自分の選択肢を自然と広げることができました。

2つ目によかった点は履歴書・エントリーシート・面接でよく聞かれることなどを今までの経験をもとに教えていただけたことです。

やはり転職となるとそれ相応の書き方や聞かれることが新卒と異なるため、それらの情報を収集できたことも転職がスムーズに進んだきっかけだと思います。

転職して生活の質がアップ!海外旅行にも行けるほどゆとりができた!

新卒3年で転職したため年収こそ上がりませんでしたが、生活の質(充実度合)が格段に上がりました。

以前は朝8時に出て帰宅は深夜、土日も仕事漬け、たまに土日が休みでも仕事に疲れてほとんど出かけることのなかった私(夫婦)でした。

しかし現在は遅くても8時までには帰宅できるようになり、仕事から帰宅後に英会話のレッスンをしたり、休日はジョギングに出かけるなど私生活で心のゆとりを持つことができるようになりました。

また、仕事が忙しく休日も取れなかったため断念していた海外旅行などにも出かけられるようになり、本当に今では転職してよかったと思っています。

転職していなければ今の私はないですし、転職を通して、自分の長所短所、スキルなどを再認識できたので、仕事に対する自信もつきました。

転職エージェントのノウハウを収集するのが転職への近道

転職エージェントでは数多くの企業情報や、今まで転職していった方のノウハウがあります。

ぜひ直接エージェントの方とお会いして、それらのノウハウを収集することが転職の失敗しない近道です。

そして、エージェントは募集要項には載っていないが、企業が求めているライン(募集は20代~となっているが、本当は30代の管理職候補を狙っている)などを独自で入手しているケースもあります。

エージェントと会うことは得することは多くても損をすることはありません。ぜひ利用するべきです。

転職は人生の転機です。特に新卒のかたは不安を持っていると思います。しかし、転職エージェントはそういう方の強い味方です。私の経験が皆様のお役に立てることを願っております。

俺は何のために働いてるんだ?自分の時間がない。せめて土日は休みたい!

休日出勤が多い20代男性の転職体験談
建築業界の営業をしていた20代男性の転職体験談です。

現場の立ち会いが多いため残業や休日出勤が多くてプライベートの時間が無く、何のために働いているのかわからない状態だったことから、なにがなんでも転職するために複数の転職エージェントを利用して転職活動を始めたそうです。

転職後は完全土日休みの化学品製造業の会社に勤め、拘束時間が減っただけでなく給料も大幅に上がったそうです。今では土日の休みを使って新しい趣味を始めたそうです。

俺は何のために働いてるんだ?せめて土日は休める会社に転職したい!

転職を考えた理由は拘束時間の長さです。

週6以上の勤務で自分の時間がなく、何のために働いているのかわからない状態でした。

転職前は建築業界の営業をしていました。具体的にはゼネコンに仕事をもらいに行く営業です。建築業は基本的に土日に作業をしたい業界です。

私が扱っていた商品もオフィスビルが対象のものが多かったので、必然的に土日が作業日でした。

営業マンは作業をしませんが、立会いといって現場作業が安全に行われているか、予定通り進捗しているかをチェックする必要がありました。そのため、土日も現場に出向かなければなりませんでした。

もちろん、代休は申請すれば取れますが、平日に休むと営業活動ができなくなるので成績が落ちます。

そのため実質的に週6勤務や週7の勤務もザラでした。くわえて夜間工事なども多く、その立会いも含めると拘束時間はとても長かったです。

転職サイトは選びきれないほど求人が多くてうんざり・・・

転職エージェントを利用した理由は、通常の転職サイトでは仕事を探すのにも選択肢が多すぎて選びきれなかったからです。

またエージェント案件の方が優良企業が多いとも聞きました。

通常の転職サイトでは企業の内情がわかりにくいと思いますし、体感ではありますが比較的待遇が良くない企業が多かったように思います。業種も偏っていて、離職率が高い業界の求人が多かった印象です。

自分の経験や興味、スキルが活かせる企業に転職したかったので、転職に詳しいエージェントにまず相談し、情報を得ようと思ったのがきっかけです。

私は建築業界しか経験がなかったので、異なる業界の内情も知りたく思い、詳しいエージェントに話を聞かせて欲しいと思いました。また非公開の優良企業の求人もあればぜひ応募したいとも思い利用しました。

ネットの情報収集では信憑性に欠けるため転職のプロに相談

エージェントも仕事でやっているので、エージェント側にとってメリットのある仕事をおすすめされるのではないかと不安に思っていました。

ただ、複数社あるので比較検討するための情報収集と思い登録しました。

不安は、現在働いている企業にばれないかが心配でした。勤めていた企業も転職エージェントを利用していました。

それでもエージェントを利用しようと思ったのは、有効な情報を持っている人の話を聞きたかったからです。情報はネット上に無限にありますが、その中から有効な情報を探すのは時間と手間がかかります。

ここはプロに相談し、最適なアドバイスを受けたいと思い利用を決意しました。

手間を省きたいという気持ちもありました。当時は自分の時間がほとんどなかったので、エージェントに効率の良い転職活動を求めていました。

どのスタッフと出会ってもビシっとした服装で相談しやすかった

私は複数の転職エージェントを利用しましたが、どこもオフィスがきれいな企業が多かったです。

エージェントの皆さんは男性女性問わず、ビシッときれいにスーツを着こなしていましたし、所作も洗練されていました。

さすが、人事の業界で働いている方々だと思いました。物腰も柔らかく、相談しやすいと感じました。爽やかな笑顔を持った方が多かったと思います。そういった見た目の部分から、既に勝負は始まっていたかと思います。

私が気に入った担当者さんは、決してハイテンションな方ではありませんでしたが、真摯な態度が感じられました。

短所だと思っていた事が実は長所だと書類添削で分かった!

エージェントを利用して良かった事は、自分の市場価値を客観的に把握できた事です。

エージェントとの面談で意見をいただく事ももちろんですが、自分で作成する職務経歴書や自己アピールの書類を作成し、エージェントに添削していただくと客観的な自分が見えてきます。

自分が短所だと思っていた事が長所だったり、自分では大した事がないと思っていた実績も、とらえ方を変えると価値ある実績に思えてきました。

しかしそれは、決してお世辞や、無理やり功績にしているわけではなく、エージェントという客観的視点を持つ人の意見があるからこそ、自分の形がわかるのだと思います。

一つの企業で生きていると、その枠の中での価値観が全てになりがちですが、外部の目から俯瞰すると、他の環境でも活かせる能力があると気付かされます。

週6勤務の会社から土日完全休みで給料も高い会社へ転職

エージェントに紹介してもらった会社に転職できたおかげで拘束時間が減り、夜7時には帰宅できる生活になりました。

土日も完全に休日です。今までとは疲労度も違うので、日曜日も寝て過ごして1日終わるという事がなくなります。

また夢中で働いていた頃は、仮に恋人ができても休日に遊ぶ事もできず、結婚も難しかったと思います。そもそも拘束時間が長すぎると異性と出会うチャンスも少ないです。

また給与面では大幅に上がりました。建築業界は末端は賃金が低いですが、化学品製造業は金融ほど高くはありませんが十分に給与をいただけます。業界的な常識が違うと思います。

余暇が増えた分、趣味も新たに始められましたし、外食や飲んでばかりいた頃と比べて健康的な食生活になったと思います。拘束時間が長いと自炊もできないので食生活は悪かったです。

転職成功の秘訣は大きく稼いでいて人が少ない業界を選ぶ事!

転職で成功するためには業界選びが最重要です。なぜなら、業界全体で稼ぎ出す金額を人数で割ったのが平均年収なのですから。

上流の人が多く取るのはどの業界でも一緒です。残ったお金を何人で分け合うかがポイントだと思います。

業界規模が大きくても従事する人数が多い建築業や小売業が低賃金なのはそこからわかるかと思います。大きく稼いでいて人数が少ない業界を狙うべきです。

約束が違う!産休明けに職場に復帰したら自分のポジションが無いなんて

職場復帰したら約束が違う!産休明けの女性の転職体験談
旅行会社に勤めていた40代女性の転職体験談です。

大好きで頑張っていた仕事だけど、産休が終わって職場復帰してみると、約束していたはずの元のボジションに別の人が就いていて自分は新しい仕事をするはめに。しかもそこの部署は全く仕事を教えてくれず、毎日ただ時間が過ぎて仕事が終わるのを待っているような状況。

せっかく産休が明けて戻ってきたのにこのままでは幸せにはなれないと感じ転職活動を開始したそうです。

パソナキャリアの転職エージェントを利用したおかげで、自分では見つける事の出来なかった企業に転職成功。精神面、給料面の両方が前職よりも豊かになったそうです。

産休が明けて職場復帰したら自分のポジションが無くなっていた・・・

私は転職前、旅行会社に務めていました。当時担当していた仕事が本当に好きで、給料は低かったのですがそれでも頑張って働いておりました。

出産のために産休に入らなければならなくなり、復帰後も同じポジションで仕事をさせてもらう約束を取り付けて産休に入りました

にもかかわらず、いざ復帰してみるとそのポジションには別の方が入っていました。

初めは約束が違うことにとても戸惑いましたが、それでも新しく割り当てられた仕事について精一杯頑張るつもりでした。

しかしその新しい部署の先輩は人に仕事を渡したくないタイプの人で、いくら言っても仕事のノウハウを教えてもらえなかったため、このままその会社に居ても自分が幸せではないと感じ、転職を決意しました。

転職情報誌などで求人情報を探しても希望の求人が見つからない!

仕事を辞める決意をしてから、まずは自分でインターネットの転職情報や、駅などで手に入る転職情報誌、また新聞広告などで仕事を探そうと思いました。

しかし、情報はそこそこ多いにもかかわらず、自分が希望するような職種や条件に合った情報を見つけ出すのが非常に困難でした。

また希望に合った条件の求人情報が見つかったとしても、もう少し細かい情報が欲しいときにいちいち個別に連絡を取る手間が非常に大変で、もっと効率の良い方法はないものかと友人に相談したところ、転職エージェントがあるということを教えてもらいました。

インターネットで調べたところ、沢山の転職エージェントがあることに驚いたのですが、色々ホームページを拝見して、親しみやすそうなところに連絡することを決めました。

転職エージェントに登録しても軽くあしらわれるんじゃないか

いざエージェントに連絡をする時は、自分には他人と比べてこれといった特技やアピールポイントが無く、全く自信がなかったので、私なんかが登録を希望しても軽くあしらわれて終わりなのかな、と思っていました。

また、初めて転職エージェントを利用するに当たって知識も少なかったので、お仕事を紹介してもらうには何か費用が発生するのか、何か特別な技能が無いのと取りあってもらえないんじゃないか、など心配なことがいくつもありました。

そんな不安な気持ちではあったのですが、まずは何かしら行動を起こさないと何も始まらないと思い、思い切って登録希望の旨のみ書いたメールを送ってみたところ、とても親切・丁寧なお返事を頂いたので、そのままお任せすることにしました。

転職のプロしか知らない転職市場の情報を教えてもらえた!

面談のために訪問した際は、ガチガチに緊張していたのですが、対応してくださった担当の方がとても優しい印象で、私が不安に思っていることなどをとても親身になって聞いてくださったので、安心したのを覚えています。

またその当時の転職市場の動向など、自分では調べることのできないような、転職のプロならではの情報を教えていただき、とても為になりました。

また心配していた費用の件についても、求職者は一切無料ということが分かって、安心しました。

アドバイスで自分では気づかなかった長所が分かり自分に自信が持てた

転職エージェントを利用して良かったと思ったことは、提出した履歴書や担当の方との面談での話しの中から、自分では思いつかなかった自分の長所を指摘してもらったり、自分ではできないだろう・縁が無いだろうと思っていたお仕事についても、可能性があるから試すように薦めて頂いたりしたことです。

また自分の弱い部分についてアドバイスを頂き、今後どのような部分に努力が必要かということについてもアドバイス頂けました。

エージェントでの面談をする前は、自分のキャリア・スキルについて全く自信が無かったのですが、転職のプロから色々と褒めて頂いたりアドバイスを頂くことによって、訪れる前よりも自信を持てるようになった気がします。

紹介してもらった会社に転職!精神面・金銭面が前より豊かに!

転職する前は仕事をしたくてもさせてもらえず、やり方も教えてもらえず、毎日ただ時間が過ぎるのを時計と睨めっこしながら待っているような状況でした。

またお給料も相場より低いものでした。

転職後はきちんと相場前後のお給料をもらうことができ、精神的にも金銭的にも転職前と比べて豊かになりました。

新しく紹介していただいたお仕事は、自分では想像できなかった業界でしたが、実際働いてみるととても働きやすく、自分に合った仕事だったなと思います。

その業界への転職は、やはり自分で求職情報を探すだけでは思いつかなかったと思いますし、見つけることもできなかったと思うので、思い切って転職エージェントを利用することを決めて本当に良かったなと思いました。

転職で不安に感じている事は些細なことでも隠さず伝えよう

エージェントの面談のときに言われたことは、まず自分が不安に思っていること、疑問点などを全てさらけ出して相談して下さいということです。

最初はどうしても自分を良く見せようなどと思ってしまうと思いますが、ありのままの自分でいたほうが、より自分にマッチした仕事を紹介してもらえ易いんじゃないかと思います。

初めの一歩を踏み出すには勇気が要りますが、踏み出してしまえば、あとは流れに身を任せるのみです。精神的・金銭的により良い生活を手に入れるため、頑張ってください!

この仕事を一生続けることは出来ない!でも長く勤めた職場を辞める不安が

大手百貨店に長く勤めていた男性の転職体験談
大手百貨店に5年間勤めていた31歳男性の転職体験談です。

部長クラスにならないと満足できる給料がもらえないことと残業ばかりの日々で、この仕事を一生続けることは出来ないと思い、パソナキャリアに登録して転職活動を始めたそうです。

自分よりも年下のエージェントが担当になり不安に感じたそうですが、面談を通して百貨店勤務で培ったスキルが生かせる車のディーラーを紹介してもらい転職成功。未経験の業種でしたが、入社1年後にはコツも掴んで年収が100万円以上もアップしたそうです。

部長クラスにならないと満足いく給料がもらえない職場

私は以前、大手百貨店で勤めていたのですが、予想以上に給料が伸びず転職しようと思っていました。

東証一部の百貨店で昇進も順調にしていましたがこの業界全体に言えることで、正直言って部長クラス以上にならないと満足できる報酬はもらえません。

仕事にやりがいは感じていたのですが、仕事の量も多く忙しい時期なら休み時間も犠牲にし、残業は当たり前という日も続きました。

目標をクリアしてもそこまで給与に反映されないのでモチベーションの低下にもつながりました。

仕事自体に関してはチームで売り上げの目標を作り、それを工夫して達成する現場主義であるため私に向いている仕事でしたが、これを一生やりたいかと言われると正直首を縦に振れませんでした。

自分が選んだ就職で失敗。第三者の視点から転職先を探したい!

転職活動は5年ほど勤めたごろに決めました。とりあえず5年は頑張るように親やお世話になった大学の教授から勧められたので百貨店で5年働き転職を決めました。

自分でも仕事を探そうと思ったのですが、仕事が忙しいですしずっと立ちっぱなしの仕事なので、仕事をしながらPCの画面で仕事をするふりをして探すなんてできません。

そのため自分で興味のある企業を探すよりも、自分の考えにマッチングした仕事を第三者で探してもらうことにしました。

それに私が学生の頃に就活したとき自分の趣味や関心で選んだ結果、失敗したので今回は過去の失敗を生かし、第三者の視点から仕事を選んでもらったほうがいいのではないかという気持ちもありました。

とりあえずプロの目線からアドバイスをいただきたいと思いました。

5年も続けた職場を本当に辞めて転職していいのか?

仕事に不満を感じていたのは事実ですが、同時に5年経ち仕事に慣れ始めました。なのでせっかくコツをつかみ始めた仕事から転職するのが本当に良い判断なのかは不安でした。

また第二新卒という時期はとっくに過ぎていたので、新しい職場で失敗したらやり直せないなという不安がありました。

また仕事が見つからなかったらどうしようかとも思っていました。せっかく登録したのに「あなたに合った仕事はありません」なんて言われたらどうしようかとも考えました。

そんなことを言われると人間否定された気になりますし、今後も一生今の仕事で不満を持ちながら仕事をしないといけないといけません。

しかしこの時期を逃すとこれ以上転職する時期はないと思いエージェントに登録しました。

3つも年下の転職エージェント!本当に私の適正を見分けられるの?

最初にエージェントと会ったときは予想よりも若い方で少し驚きました。私よりも3歳ほど年下の方でした。

とても誠実で明るい方でしたが、私よりも社会人経験が浅い方が私の適性を正確に見分け仕事を紹介できるのかは正直不安でした。

服装や対応には全く問題ありませんでした。面談では悩みや現状をしっかりと聞いてくれました。

面談の段階では具体的にこんな仕事が向いているというアドバイスをいただけることができませんでしたが、後日面談の内容を元にいろいろな仕事を紹介してくれました。

百貨店勤務のキャリアが生かせる車のディーラーへ転職!

エージェントを利用し始めた最初は不安でしたが、やはり第三者の意見が聞けるのがよかったです。

自分の悩みや理想をしっかりと時間を取って面談ができます。自分で言葉にして表すことで意外と見逃していた部分が見えてきたりします。

そこから意外と自分にはこんな仕事が向いているのではないか、という新たな側面が見えています。

例えば私の場合、歩合があって現場主義という軸がありました。そして現在の仕事でやりがいを感じるときはお客さんのスーツや服を選ぶ時でした。

また意外と仕事で車を運転することが多く運転するのは結構好きでした。こんな感じで結果として車のディーラーを紹介してくれました。

高級車を扱うディーラーなので百貨店で身に着けたマナーや服装のセンスが生かせますし歩合も生じます。こんな感じで自分の関心やキャリアを参考に紹介してくれたのはありがたかったです。

ディーラーとしてのコツを掴み始めて年収100万アップ!

転職してからは以前に比べてやりがいのある職場で働けている実感があります。

年収ですが不安定にはなりましたがコツをつかみ始めると結構売れるようになりました。年収は以前に比べて転職して1年ほどで100万円ほどアップしました。

自分がやった分だけもらえるのでとても楽しいですが、逆に言えば売れなくなると生活が厳しくなるのでプレッシャーはきついです。

また以前はチームプレーが重視されていましたが、今度は個人プレー重視の環境です。正直な話チームプレーのほうが楽しかったですが、個人プレーも嫌いではありません。

ディーラーなのでお客さんが週末に来ることが多いので、休日は火曜日、水曜日、木曜日のうちの2日になりました。

有休も取れますが、その分はキャッチアップしないと歩合に反映されるのでまさに自己責任です。ライフスタイルに変化はありましたが以前よりも満足しています。

自分の求める業種に強いエージェントを活用しよう

転職エージェントとの面談では正直にすべて話してください。こんな話しなくてもいいだろうと思っても、そこから新しい仕事につながることがあるので全部話してください。向こうは聞くのが仕事なので遠慮せずに話しましょう。

私はパソナを利用しましたがエンジニアやSEなら別のエージェントを利用したほうがいいかもしれません。特に技術職なら専門のエージェントがあるのでそちらを使うほうが仕事が見つかりやすいと思います。

マイナビエージェントの体験談

地元の近くで働きたい!メーカー技術職が転職成功で趣味の時間を確保

29歳メーカー技術職の転職体験談
29歳のメーカー技術職に勤めていた男性の転職体験談です。大学院卒業後から3年間、地元から県を3つまたぐ職場で勤務していたが、「地元近くで働きたくなった」ためと「より高度な技術を要求する職場で多くを学びたかった」ため転職活動を始めたそうです。

最初は転職エージェントに否定的な考えでしたが、実際に利用してみたところ好感触!エージェントが紹介した企業に就職したことで念願だった地元への帰省と残業時間の減少に成功。今は自分の時間が増えたおかげで大好きなバイクを楽しんでいるそうです。

転職サイトは求人選びが難しいから転職エージェントを利用

「転職エージェントはエージェントとの相性がある」という話を、転職経験のある先輩から聞いたことがあったため、当初は転職サイトのみ登録して転職活動を進めていました。

しかし、転職サイトには数多くの求人があるため、どの求人から目をつけて良いのか解らず見極めるのに多く時間がかかりました。

そこで「転職エージェントを利用すれば、エージェントと相談して、希望の求人を精査してもらえるので、スムーズな転職活動ができるのでは?」と考えました。

また、恥ずかしながら就職活動は昔のことになるので、履歴書の書き方や内容に多くの不安があり、面接での所作など忘れてしまっていることも数多くあったため、活動中にアドバイスをしていただける人がいると良いなと思い、転職エージェントを利用しようと思いました。

転職エージェントはやめた方が良い!と言われたが・・・

転職エージェントを利用するまではむしろエージェントを避けていました。

その理由として、転職エージェントは利用者の意見よりも就職したか否かを優先するものだと認識していたからです。

実際に利用していた先輩から希望していない職種業種を進められ、エージェントから頻繁に連絡が来たため仕事に支障があった、などの聞いていました。

しかし自分一人で転職活動を進めていると、昔は知っていた、解っていたことを忘れてしまっていたことに気づきました。

簡単に言うと、転職したい願望はあるが、どうやって転職したらいいか解らなかったのです。

転職サイトに登録しても、膨大な求人の数を見てはうんざりしてしまいページを閉じの繰り返しで、何一つ前に進むことができませんでした。

不安はありましたが、転職エージェントならこんな自分に発破をかけてくれるのではないかと思い、利用に至りました。

相談を聞いてもらって自信がついた

エージェントと会う前は、エージェントはキツイイメージがあり構えていたのですが、エージェントの方と初めて対面したときは、転職や身の上話をしていく中で、人当たりが良く、相談しやすい方だと感じました。

実際に、どういった想いがあり転職に踏み切ったのか等々、私の相談事に対して、親身になって相談に乗って頂けました。

また、履歴書や面接での受け答え等、少し遠ざかっていたことに関しては具体的なアドバイスを頂き、転職に対しての自信を身に着けることができました。

転職は仕事と同じで一人では限界がある!

エージェントの方と接することで、自分の世界が広がったと感じています。

普段は会社と自宅の往復する毎日で、外のことに目が行かず自分が社会に取り残されているのではないかという不安になっていました。

エージェントの方は私の相談に対して、決して甘いことは言いませんが、自分の身になってアドバイスをしてくれたと感じました。

私は地元へ戻って就職したかったのですが、エージェントの方が同郷であることを知り、お互い故郷の美味しいラーメン屋について話したり(転職には関係ありませんが笑)赤の他人とは思えませんでした。

エージェントの方が提案していただく求人は、私が思っていたものとは違うものがありましたが、それは私が無知なだけで、実際とても興味のある求人が多くありました。

転職は仕事と同じで、一人で進めるには限界があります。エージェントというパートナーがいることで、転職という大仕事は遂行できると実感しました。

転職で残業時間が減って趣味のバイクを楽しむ時間ができた

転職後に一番大きく変わったのは生活環境です。前職は職場が地方で雪深い土地だったため、趣味のバイクを楽しむことができませんでした。

転職後は思い切ってバイクを購入し、週末は山や海に愛車でツーリングに行きます。最近ではバイクでカフェ巡りが楽しくて仕方がありません。今週も仲間とのツーリングが楽しみです。

仕事として変わったのは、残業時間が減ったことです。残業時間が減ったため帰宅後に自分の時間を持つことができ、料理や掃除など今まで出来ていなかった部分に力を入れることができるようになりました。

そのおかげか、いつも散らかしていた部屋が常に整理整頓されるようになり、インテリア等、家具選びにも興味を持つようになりました。転職前の自分では考えられないことです。

履歴書や面接時のアドバイスが参考になった

転職エージェントを利用して、一番役になったのは履歴書や面接時のアドバイスです。

普段の仕事で履歴書を書く機会も読む機会もなかったため、忘れている部分が多く、今後の勉強にもなりました。

自分の実力や持っているスキルがどういったところに通用するかをエージェントの方はハッキリと仰いました。

人によっては傷つくこともあるかもしれませんが、自分自身を見つめなおす良い機会になると思います。

仕事をしながら転職活動をする人は転職エージェントも選択肢の一つに

とりあえず転職エージェントを利用する選択肢はアリだと思います。仕事をしながらとなると時間も取れず、転職するのに重い腰が上がらないと思います。

私もそうでしたが、エージェントはそんな中途半端な気持ちに発破をかけて相談に乗ってくれます。

自分自身が何を求めているかをちゃんと相談すれば納得する答えを返してくれるはずです。

結婚して引越し先で転職。土地勘がない転職活動もエージェントで成功

結婚して土地勘のない遠方に引越し転職した30代女性の転職体験談。
結婚して遠方地に引っ越すことになり経理職に転職した30代女性の転職体験談です。引っ越し先の土地勘がなく、場所を調べるのに時間がかかることからエージェントに登録して転職活動を始めたそうです。

最初は登録したら「迷惑メール」や「頻繁な勧誘」があるのでは?と不安に感じていましたが、いざ登録してみるとそんなことはなく、前職よりも給料の高い経理職に転職できたそうです。

引っ越し先の土地勘がなくて仕事探しに一苦労

今まで転職エージェントは利用したことがなかったのですが、結婚して遠方地に引っ越したので土地勘もなにもなく、仕事探しに困ってしまいました。

求人サイトを見ていても最寄り駅が書かれているのですが、それを路線図なんかを見ながら通えるかどうかを見比べていくのが大変でいちいち時間がかかっていました。

○○区と書かれていても、それがどこか分からないので、いちいち調べないといけませんから、自分で探すことは時間がもったいないと思い、転職エージェントを利用することにしました。

「今の住居から電車で30分以内で通える所」が第一条件だったので、それを伝えてリストアップしてくれると凄く助かるな、と思ったのが利用しようと思ったキッカケです。

会員登録したら迷惑メールがたくさん届くんじゃないかと不安だったけど

転職エージェントを利用するにあたり、最初は何となく漠然とした不安がありました。会員登録したら迷惑メールがきたり、頻繁に勧誘メールがきたら嫌だななんて思いました。

実は私は初めてですが、友達が転職エージェントを利用したことがあってその話を聞いていたことがあります。その友達は「頻繁に連絡があって困る」とか「希望と違う仕事ばかり紹介される」と言っていたのでかなり不安でした。

でも路線も土地勘もない私が一から新しい土地で仕事を探すのが面倒だったので、不安に思いながらも会員登録を済ませました。

友達の言っていたことが恐かったので、その友達と同じエージェントサイトは避け、他のエージェントを選んだのがよかったのかもしれません。口コミなんかを見て評判の良いところを探しました。

説明が早口なのは残念だが質問に対して納得できる回答をしてくれた

実際に転職エージェントと面談してみると、とてもスムーズに話が進みました。少し年上の女性でしたが、とても笑顔の多い方だったので安心することができました。

ただ仕事が忙しいのか、頻繁に席を立ったり、説明が早口になったりしていたのでそれが残念でしたが、個人的には思っていたよりもラフな感じで、最初の印象は良かったです。

質問に対してもしっかりと納得のいく答えが返ってきたので、その点についても良かったです。あとは、もう少しゆっくり話してくれると良いと思いました。

自分の代わりに求人情報を探してくれるから時間効率が良い

エージェントの方が仕事を紹介してくれるので、職を探すのがとても楽でした。

今まで転職となれば自分でパソコンで調べて見比べるという作業をしてきたので、探してもらえるということが、こんなに楽だとは思ってもみませんでした。

引っ越して間もない時に転職エージェントに登録したのですが、まだ色々忙しかったので自分では探せずにいたので、時間効率もとても良かったと思います。そして実際に、面接に使う履歴書なんかの書き方のアドバイスがもらえたので助かりました。

前もってどんな会社で、どんな人材を求めているか?などもエージェントから聞いていたので、その点においても助かりました。良かったと思うところはたくさんあり、また利用したいと考えています。

諦めていた給料も前職よりアップ!福利厚生もしっかりした会社に

引っ越した当初は仕事探しについてどうしようかと悩むばかりでしたが、本当にエージェントに頼んで良かったと思います。

路線なんかもよく分かっていなかったのですが、「それならこの辺りがオススメ」や「この路線が便利」などの情報をくれて助かりました。

引っ越しでの転職ですが、転職前と比べてもお給料が良くなったので、仕事にやりがいも感じています。転職なのだから給料面は諦めていたのですが、以前よりも良くなったので本当に良かったです。

以前の会社は福利厚生もいまいちでしたが、今の会社は福利厚生もしっかりしているので、やっぱり安心できます。

とりあえず働けるところで働こうと思っていたので、今の状況には有難い気持ちでいっぱいです。迷っているなら職探しの一つとして、登録しておくのも良いと思います。

フリーターから脱出!社会人スキルを磨ける転職で人生の不安を解消

フリーターだった20代男性の転職体験談
この先もずっとフリーターとして漠然と働いていくことに不安を感じた20代男性の転職体験談です。社会人経験が浅いことから書類審査が通らないことをきっかけにマイナビエージェントを利用したそうです。

エージェントとの面談で、将来的に希望の業種に就けるよう、まずは社会人経験のスキルを身につけられる会社に就職したそうです。

求人に応募しても社会人経験が浅くて書類審査に通らなかった

フリーターからの脱出を決意し、最初のうちは転職サイトを利用して直接企業に応募していました。

しかし、社会人経験が浅かったこともあり、なかなか書類が通らない。また、求人票やサイトを見ても応募企業で働いているイメージがつき辛かった。そして、自分一人で転職活動する最大の懸念材料として、学生時代と同じ失敗はしたくないという思いがありました。

そんな中、どうしようかと考えていた時にネットサーフィンで見つけたのが転職エージェントでした。

転職エージェントを利用するメリットとして、第三者の客観的な目線で転職活動を見てもらえることが挙げられており、懸念していたことが解決できると思いました。また、職務経歴書などの添削なども見てもらえるとのことだったので興味を持ちました。

転職エージェントのレビューを片っ端から見て情報収集

最初は、本当に無料で利用できるのか、変な求人を押し付けられるんじゃないかと不安もありました。

しかし、転職エージェントの収入源が利用者が企業とマッチングした際に企業側から支払われるものだと知った事で、本当に無料で利用できるんだと安心しました。

また、転職エージェントの口コミだったりレビューを片っ端から情報収集しました。

その結果、大手のエージェントは求人数も多い上に会社の内部事情なども良く知っているようだったので、知りもしない企業に自分で応募して不安を抱えたまま転職活動をするよりも、内部事情を知っている人からの意見を聞いた上で企業を選ぶことで、ミスマッチも防げるのではないかと思いました。

面談に行っても無料なので、とりあえず行ってみようと思うことができました。

清潔感のあるエージェントで終始穏やかな雰囲気で面談できた

担当のエージェントの方は若い女性の方でした。おそらく、利用者の年齢によってエージェントの方の年齢や性別も変わるのかなと思います。

やはり多くの人と接しているということもあって、話しやすいなというのが第一印象でした。身だしなみも清潔感があり、不快な点などはなかったです。

最初の面談は1時間程で、主に転職理由だったり希望する求人内容などを聞かれました。緊張するかとも思いましたが、終始和やかな雰囲気でした。

人生プランを一緒に計画!社会人スキルを磨ける企業へ就職

まず、第三者の視点から意見を言ってもらえることが、何よりの利点かなと思います。

私の場合は、希望していた業種に行くためには社会人経験が足りなかった為、どうしようか悩んでいました。

その際に、社会人としてのベースを作ってから再度転職してみたら?という意見をいただき、社会人スキルを磨ける企業に応募することにしました。

私のように、早くに離職してしまったとしてもエージェントの方は親身に接してくれ、私なりの人生プランを一緒になって考えていただけました。

履歴書や職務経歴書の書き方や添削、面接練習だったりもしていただける為、自分一人で転職するよりも遥かに楽でした。志望企業で実際に聞かれた質問や非公開求人などもあるので、利用した方がいいと思います。

誰にも相談できない転職の悩みこそエージェントに相談しよう

エージェントを利用することで、利用前にあった漠然とした将来への不安が一つずつなくなっていった感じがしました。

会社を辞めてしまって、これからどうしようと悩んでいた時に転職エージェントを活用するのはとても良いことだと思います。

家族だったり友人には言えないようなことも、向こうはプロなので聞いてもらうことが出来ます。その上で、今後自分はどうしていきたいのか、進みたい道に進むためにはなにが足りないのか、指摘してもらうことで自分を見つめ直すことができました。

私は一つの転職エージェントを利用しましたが、複数利用して比較してみるのもいいかもしれません。複数利用する方も多いらしく、その場合はその状況も加味したスケジュールを考えてもらえるようです。

無料で自分を客観的に分析することができる

転職エージェントは何と言っても無料なので、迷っていたらまず面談に行ってみることをお勧めします。

自分の考えを聞いてもらうことで、今の状況や足りない点を客観的に見てもらうことが出来るのかなと思います。

無理矢理、求人を勧められることもないので、とりあえず行ってみるかくらいの感覚でいいと思います。

小売業の課長から年収1000万円が狙える企業に管理層候補で転職

小売業から年収1000万円が狙える企業へ!30代男性の転職体験談
小売業で課長を勤めていた30代男性の転職体験談です。

前職では入社2週間で退職を考えたけど10年間勤めて上位5%まで上り詰め、その後、複数の転職エージェント(リクルートエージェント・マイナビエージェント・DODAエージェントサービス)を利用して転職活動を開始したそうです。

中にはダメなエージェントもいたそうですが、担当者をチェンジしてもらいおかげで年収1000万を目指せる1万人規模の会社に転職成功。管理層候補として日々頑張っているそうです。

この会社を利用して10年後に絶対転職してやる!

私はもともと10年で区切りをつけて転職することを考えていました。退職を考えたのは入社2週間後のことです。売場改装と称し朝4時まで働いたときにずっとこの会社で勤める気持ちはなくなりました。

ですが、まだ入社して2週間のこの時期で逃げることは自分の価値を落とすだけです。次の会社では何の評価もしていただけないということを感じていたので、徹底的に会社を利用する事に考えをシフトさせ、完全に頭を切り替えて仕事をしていました。

前職ではそこそこのポジション(全社員のうち上位5%以内のところ)まで上がり、チーム運営や経営自体に関わることが楽しくなっていましたので、そういった働きをもっとまともな会社でできるようになりたいと考えるようになっていきました。

イメージ先行で人の事を決めつける経営者でしたから、ここではこれ以上は無理と思い、予定通り10年で退職に踏み切り、転職を決めました。

複数の転職エージェントに登録して売れ残りの求人を回避!

転職後の会社は、経営に外様の中途採用でもあたらせてくれる懐の大きな会社を探すことにしていましたので、逆に業種は全く絞っていませんでした。

引き抜きに近い部分のお話も頂いていましたが、一度ゼロキャリアに戻らないと現場の苦しみが理解できない人間になってしまいます。

ですから、多数の業界にパイプを持つ人材大手から順に活用することにしました。ひとりで探すよりも数人抱えて探してもらうことの方がメリットがあります。

また、その際に「1社専業」という状況を作らず、「数社並行」で作業をさせると決めていました。

相手も営業です。ある程度煽り、実績にこだわる状況を作り出し、売れ残り求人に回される事を回避しつつ、最短で自分が望んでいる環境を探すように手配をしました。

自分の基準を満たしたエージェントのみを利用

個人的には転職エージェントを利用する前、大きな不安はありませんでしたが、一番の不安点はエージェントの個人スキルとどれぐらい実績に飢えているかでした。

人を結ぶことが実績になるエージェント各位にはこの2点が全てと言ってもいいです。

「何が何でも納得してもらう案件持ってきます!」という気概がある人が来るかどうかが不安なところでした。

実際に会うまでその部分はわかりませんし、いざとなればチェンジ。それも出来ないならその会社は使わなければよいだけなので、きっちりと自分の中の基準を作りその基準に自分が責任を持つ覚悟を持てば、あまり多くの心配事はなくなると思います。

他責に物事を考える状況の方には、残念ながら転職そのものがお勧めできません。また、時間が経って何かのせいにしてまた転職をしてしまうかもしれません。

連絡もまともに取れないダメダメなエージェントが担当に!

本当に初めて会ったエージェントの方は「だめだこりゃ。」という方に出会ってしまいました。

出鼻から高圧的に「辞めて仕事ないんでしょ?言うとおりにしたらとりあえず働けるようにしてやる」というような非常に程度の低い方が出てきました。事前情報だけ見て、勝手に思い込んでいました。

そもそも、連絡の取り方も雑でした。やはりビジネスの基本のコンタクトが雑な人は間違いなく、業務能力も低い人だと改めて認識することができました。

担当を変えてもらうことで、話が伝わる方になったのでその後のトラブルはありません。

エージェントに「この人を推薦したい!」と思わせる事が大切

エージェントを使ってよかったことは、求人情報を自分で探すよりも効率的に、それでいて条件面も整ったものを短時間で手に入れることができるということです。

ですが、その前にエージェント側に試されます。自分たちの名前を付けて、「この人を売り込むに値するか?」という部分を探ってきます。

エージェントサイドが持っている案件は「推薦」に似た性質を持っているので仕方ありません。

ですので、エージェントを活用するときは、エージェントに「この人を売り込みたい!」と思いを共有できる準備をしっかりする必要があります。

自己分析ごと投げることも出来ますが自分でできることはしておく方が好ましいです。自分の特徴を自分なりに押さえておくことでエージェントの出す他者評価とのギャップを確認することもできるので、面接対策にもなります。

年収1000万越えを目指せる1万人規模の会社に転職成功

転職後は休みが増えました。月29勤務が月17勤務に減りましたので、非常に毎日のゆとりが生まれました。

ゼロキャリアに戻っていますので、給与面は一旦半分以下ですが、管理層候補として迎えていただいたので、現場を知ったのちに、スピード感をもって上に上がっていきたいと考えております。

前職が400人ほどの会社から、今回は1万人を超える会社への転職を成功させることができました。

また、給与面も一般的には下限で決着することがほとんどですが、今回は上限でいただいています。このあたりの最後の詰めは個人では難しかったところではないかと考えています。

目指すは1年1ステップアップ、そして年収1000万越えです。この会社ならやれます。

転職エージェントはあくまで営業だという事を忘れずに!

転職エージェントの方も人間で、「営業」ということを忘れずに。出てきた情報をしっかりかみ砕いて確認をすることで安心・安全に活用できます。

よい転職のパートナーをしっかりと探してみてください。ご幸運を。

給料も上がらず休日も仕事の電話、ストレス発散のギャンブル生活から一転

人材派遣会社に勤めていた男性の転職体験談
人材派遣会社に勤めていた20代男性の転職体験談です。

新卒で入社したときから給料はほとんど上がらず、ボーナスも出ない職場。さらに休みの日も急な仕事の電話に対応するため旅行などにもいけない状況。給料も上がらないことから将来性がないと感じていたところ、友人の転職話を聞いてマイナビの転職エージェントに登録したそうです。

転職後は給料こそ若干下がりましたが、昇進や高い給料をもらう可能性がある職場に!また、仕事が楽しいと思えるようになり、ストレスが無くなったことでプライベートの時間の使い方が全く変わり、今までストレス発散のために通っていたパチンコなどのギャンブルを辞める事ができたそうです。

この職場で働き続けても成長できないし給料も上がらない!

前職は人材派遣業務を行っていました。具体的な業務は登録者の面接から始まり、スケジュールをヒアリングし、規定のファイルデータに登録者のスケジュールを入力し、仕事の発注が来たら登録者へスケジュールの確認をするだけの単調な作業を繰り返す日々でした。

給与も新卒で入社してからほとんど上がらず、ボーナスも出ない。

休みの日は万が一登録者が依頼している仕事に来なかった時に対応するためにスタンバイしなければいけない為、休みでも旅行などにも行けず、携帯電話も常に気にしていなければいけない生活が続き不満を感じていました。

将来の自分を想像した時、この仕事を続けていてどのような成長があるのか、どのように多くのお金を貰うことができるようになるのか全く想像できませんでした。

転職エージェントを使えば内定をもらいやすいの!?

地方から東京へ行った友人が地元に帰ってきたということで、久しぶりに再会し転職を考えていることを相談しました。

その友人はUターンで仕事を探した際にはハローワーク、転職サイト、転職エージェントを利用したらしく、転職エージェントのことはそこで知りました。

友人からはエージェントが自身のキャリアに対して、同じような業種や経験が活かせそうな業種まで幅広く色々調べて提案してくれるし、会社の担当者とコミュニケーションとってくれて自分で転職先を探すより効率的だし内定ももらいやすいという話を聞きました。

また、私自身も転職サイトは会社の雰囲気や給与体制もだいぶ幅を持って記載しているため、実状がわからないためそういったリアルなところもわかるのでは無いかと期待し、利用してみようかなと思いました。

下手なエージェントが担当になると逆に転職活動が非効率になるかも

エージェントを利用することが本当に効率的な転職活動なのかどうかは気になりました。

インターネットで調べると営業が下手なエージェントだと逆に転職活動が遅延する原因になるという情報もありましたし、無料なのに本当にちゃんと転職先の提案や、転職に協力してくれるのか不安というか半ば半信半疑の状態でした。

そもそも現職の不満は正しい不満なのか、逆に転職するのは今後のキャリアとしてどうなのかという思いも抱えていました。

「友人に相談してみた結果、登録するだけなら無料だし、やらないよりはやったほうが良いと思う。ただ、正直エージェントに頼りすぎはダメで自分でも転職サイトに登録したりハローワーク通ったりしなければダメだ」というアドバイスももらい、それもそうだなということであまり期待をせず登録をしました。

エージェントと会ってもまだ本当に協力してくれるのか半信半疑

何度か電話とメールでやりとりを行った後、初めて会ったエージェントの方は、自分とそこまで年齢も変わらずちょっと上くらいの女性の方でした。

おおよそ電話でのやりとりで想像はついていたのですが、事前のやりとりや見た目から受けた印象はきっちりした性格の人なのかなという印象でした。

特に良い印象も悪い印象も無い状態です。一方で本当にこの人が一生懸命転職情報を持ってきてくれるのか、色々と協力してくれるのかまだ信じてはいない状態でした。

一緒に履歴書・職務経歴書を作成!エージェントに頼んでよかった!

エージェントの担当者は勿論自分以外にも受け持っている転職希望者がおり、様々な企業の採用担当者と会っています。

自分の担当をしてくれていたエージェントの方は現在の年収やポジション、役職は同年代の方と比較するとどうなのかという説明や、実際自分が転職を希望している業種が人気で沢山求人があるわけでは無いという現状を教えてくれました。

正直自分自身、転職するにあたり強力なアピールポイントがあるとは思いませんでした。

しかし、その中でもエージェントの方は履歴書や職務経歴書の表現方法を一緒に考えてくれましたし、沢山の会社のプロフィールデータを提案してくれました。

なによりもエージェントを利用して良かったなと思ったのはWEB非公開の求人を提案してくれることだと思います。

楽しいと思える職場に転職したおかげでギャンブルを辞められた

結果として年収はそこまで変化はありませんでした。むしろ少し下がりました。

しかし、現在は給与が安くても、自分次第では昇進して高い給与を貰うことができる可能性がある職場ですし、人脈を広げて独立するということもこの会社なら想像できます。

しかし、一番変わったのは仕事を楽しいと思えたことです。そして、仕事を楽しいと思うことで全てが好転します。

例えば休日の過ごし方1つとっても違ってきます。前職の時は不安な将来を忘れるためにパチンコ、パチスロ等ギャンブルに熱中していました。

現在は本を読んだり、趣味でイラストを書いてみたり時間とお金の使い方が変わりました。

また以前は休日もちゃんと休めないことが非常にストレスだったのが、現職では休日にスタンバイする必要は無く旅行や遠出など心からリフレッシュできています。

目立った職歴がない人こそ転職エージェントを利用しよう

もしあなたも転職で悩んでいるのでしたら、同世代や同じようなキャリアの人がどのように希望の転職先に転職できたのかを聞くと良いと思います。

そうすることでそのエージェントがエージェントとしてどれくらいのキャリアがあるのか得意な業種はなんなのかを探ることができます。

私個人の考えですがそのエージェントがどれだけの非公開の求人を持っているかが大事だと思いました。

私のように目立って良い学歴や職歴が無い人は、普通の求人に対する応募だと埋もれてしう確率が高くなります。

しかし、非公開の求人はあまり大きな企業では無いですがやりがいのある業種や待遇の良い会社が沢山あります

その他に、まずは自分のできることや強みを整理して一度エージェントの方へ相談してみてください。自分の強みを表現する上で一番良い表現方法を教えてくれると思います。

彼らは本当に一生懸命転職活動を手伝ってくれます。頼りすぎは良くありませんが、必ずなにかしら転職活動をする上でチャンスや気付きを与えてくれます。良い転職をしたいという方は利用して損は無いです。

人生3回目の転職活動。次は前職のスキルを活かせる職場で働きたい

塾講師になりたい24歳男性の転職体験談
塾講師になりたい24歳男性の転職体験談です。高校教師から広告会社の営業と2回の転職を繰り返した結果、はやり教育職に就きたいと思い、マイナビエージェントに登録して転職活動を始めたそうです。

現在は幼児教育と中学受験を行う塾講師として転職成功。将来のビジョンをもって仕事ができているので毎日が楽しいそうです。

生活するために前職のスキルを活かせる業界を志望

私は学校を卒業してまず最初に高校教員になりました。しかしその時の職場は、労務管理に対しての理解がない上長の下で働いていたこともあり、その点に疑問を感じていました。

また、私自身の直属の上司や同僚は、迅速な勤務に評価が為されていましたが、管理職からは評価が低く、その他の同僚からもあまり好まれていないものばかりが昇進するという状況に嫌気がさしていました。

ただし、中心となる業務は私が行いたいと考えていたことのため、全力で取り組んでおりました。その中で転職し自身のスキルアップを図ろうと考えました。

そこで転職して広告会社の営業職として勤務しました。しかし、この広告会社では商材に対して価値を見いだせず、もっと別の方策であった方が良いのではと思うこともあり、それについて議論しましたが効果はなく、結果も出せない状態になりました。

その中で勤務を続けることが難しくなり休職、退職をします。しかし、何らかの職に就かなければ食べていくことができない状況にはあったため、自身の持っているスキルを活かし、かつ、前職での失敗経験を取り戻しうる場所として、営業力も求められる塾業界を志望し、今に至ります。

今の転職市場ってどうなってるの?いろんな業界の事を知りたい

転職エージェントを利用しようと考えた要因は、転職市場の情報を仕入れることができると思ったからです。

初めの就職の際に、教育の分野しか観ておらず、さらに、学校を中心に考えていたため、多様な業界についての理解もできていなかったため、業界の研究もしたいという意味合いをもって登録をしました。

そして、実際に利用する際には、個人レベルでは見つけ出せないような企業の紹介をいただけることや、面談などを通じて自身を見つめ直し、何が強みであるのか、何のために働きたいのか、なども考える機会を与えていただけるということを知り、活用していくことになっていました。

自身だけではできないことをできるツールとして利用することになったと言えます。

退職理由を他人に言うのは恥ずかしい。やっぱ辞めようかな

転職エージェントの会員登録自体が済ませていましたが、面談の前には休職にいたるまでのお話など、自身の弱さと向き合うことが必要になるため、そうしたお話はしたくないという思いが強くあったように思います。

しかし、自身の弱さも受け容れていかないと、今後につげられないと思ったため、きちんと話すことで、自己開示をできるようになろうと思ったことから、決意ができました。

また、面接の練習などもしてくださるということがあったため、自身だけでは不安がある面接や転職時の企業探しなどに協力してくださるシステムが整っていることなどを調べることで、自分自身が実際に面談をしなければ、いけないと思うに至ったため、エージェントを利用することが必要になると感じました。

談笑するような感覚で面談できて話しやすかった!

初めてお会いした担当のエージェントの方は、積極的に私自身が何者かを聴くだけでなく、自己開示もしていただいたことで、自然と話しやすくなったことを覚えています。不安な感覚が多くあったなかで、その不安を払拭するような話し方でした。

若々しい方と中年の方をいらっしゃいましたが、飾らない雰囲気であった方が非常に好印象であったことも記憶しています。

ビジネスマンらしい落ち着いた様相であったため、話しやすかった印象があります。

やってみたい仕事とやれる仕事の整理をしてから転職活動に挑めた

転職エージェントを使って良かったことは、自身が教員として勤めていた期間に得たものや、自身の弱みがなにであるかを明確化できたことだったと思います。

私自身がやってみたいものと、今できることの違いなども具体的に話すことができたことで、後何年かで身につけたいものを決定することができ、そのためにどの会社を受けるのか、また、どういった話をすると良いのか、などをきちんと整理していくことができたことがよかったです。

また、これまでの意志決定の際に、自身が行っていた方法を振り返ることにより、転職時に感情に左右されず、論理的に目標を立てていくことができるように導いてくださり、その際、時間がかかっても親身になって話を聞いていただけたことが利用して良かったことです。

挑戦するだけが良い事じゃない!今は楽しんで仕事ができる!

転職前後での変化は、自身が挑戦してみたいことに挑戦することが全てよいことではなく、今自身がクリアしていくべき課題を明確化できたことが大きかったように思います。

以前の転職ではひとまず挑戦したい、ということだけでしたが、その際に感情だけで決めてしまったが故に、休職などをすることになってしまいました。

今回の転職では何をもって仕事をするのかなどを話すことから、自身の仕事に関する軸、貢献していきたいもの、不足しているもの、強みとなるものが見えるようになってきたため、働くときに楽しめる要素が大きくなったように感じます。

私生活の時間は前職よりも減りました。しかし、自身が貢献感を持って働けている点は非常に良かったことに思います。

子育てを優先できる会社に転職したいけど無理だよなぁ・・・

子育てを優先できる職場で働きたい女性の転職体験談
派遣社員として臨床検査技師を務めていた40代女性の転職体験談です。前職は健診関係のパートで勤務地や勤務時間が不安定だったことから、もっと子育てに専念できる職場を探していたそうです。

たまたま派遣先で知り合った人に紹介された医療業界専門の転職エージェント「医療ワーカー」を使ったおかげで、私では無理だと諦めていたような会社に転職することができ、子育てを優先した生活を送れるようになったそうです。

「子育てを優先できる会社に転職したいけど無理だよなぁ・・・」の続きを読む…

証券会社の営業は無理なノルマの毎日!ゆっくり働ける事務職に転職したい

元大手証券会社の40代女性の転職体験談
某大手証券会社の個人営業職をしていた40代女性の転職体験談です。

リーマンショックの影響等で業績が悪化し、無理なノルマを毎日課せられる日々に嫌気がさして、営業職とは全く違う事務職に転職しようと考えインテリジェンスに登録したそうです。

転職後は希望通りの事務職に勤める事ができ、その会社は穏やかに時間が流れる会社で、1日の仕事内容や進め方も自分で決めることができ、「これこそ自分が求めていた会社だ!」と思えるほど相性の良い会社だったそうです。

「証券会社の営業は無理なノルマの毎日!ゆっくり働ける事務職に転職したい」の続きを読む…

正社員よりも福利厚生が良い派遣社員になった薬剤師の転職体験談

正社員から派遣社員になった30代女性薬剤師の転職体験談
薬剤師の30代女性の転職体験談です。

前職は体調不良が原因で休職。その後、体調が回復し職場復帰しようとした際に、もっと福利厚生が良くて休日の多い職場で働きたいと考え、ファルメイトという薬剤師専門の転職エージェントを利用したそうです。

その結果、正社員で働くよりも派遣社員のほうが福利厚生が良く給料も多くもらえるということが分かり、派遣社員として薬剤師に復帰したそうです。現在では定時上がりで買い物に行ったり、趣味に時間を使って私生活が充実しているそうです。

「正社員よりも福利厚生が良い派遣社員になった薬剤師の転職体験談」の続きを読む…

雰囲気の悪い職場にうんざり。人間関係で悩まない明るい職場で働きたい

職場の人間関係に悩む20代女性の転職体験談
医療系専門職に勤めていた20代女性の転職体験談です。

前職は職場の人間関係の悪さや雰囲気の悪さから、人間関係に気を使って仕事に集中できないことに不満があり、初めての転職ということもあって、転職エージェントに登録して転職活動を始めたそうです。

現在は紹介してもらった職場に転職したおかげで、前職のように人間関係に悩まなくて良くなり、仕事に専念できるようになったそうです。

「雰囲気の悪い職場にうんざり。人間関係で悩まない明るい職場で働きたい」の続きを読む…

転職の面接で退職理由はどう話せばいい?前職の不満ぽくならない伝え方

面接が苦手な30代女性の転職体験談
面接が苦手な30代女性の転職体験談です。

前職は残業が非常に多く、しかもそれが評価されず給与が仕事内容に見合っていないことに不満が募り、ストレスで体調不良になったことからその職場を退職。

生活のために早く次の新しい職場を探したいと転職活動を始めたけど、面接で退職理由を話すと「前職に対する不満」のようになってしまうので悩んでいました。

早く転職したかったので転職エージェントに登録したそうです。

結果、今は前職よりも給料が高くてちゃんと仕事をした分だけ評価もしてもらえる会社に転職できたそうで、今までの社会人生活のなかで一番仕事が充実しているそうです。

「転職の面接で退職理由はどう話せばいい?前職の不満ぽくならない伝え方」の続きを読む…

リクルートエージェント体験談:契約社員から初めての「正社員」に転職!

契約社員から正社員に!20代女性の転職体験談
契約社員で事務をしていた20代女性の転職体験談です。

非正規雇用から抜け出し正社員になりたいと思った事からリクルートエージェントに登録して転職活動を始めたそうです。

最初は非正規の経歴しかないことに不安を感じていましたが、「非正規での職歴しかなくても問題ないですよ」と言われ、ージェントのアドバイスや書類添削のおかげで自信がつき、正社員としての内定を3社ももらって転職できたそうです。

「リクルートエージェント体験談:契約社員から初めての「正社員」に転職!」の続きを読む…

求人に応募しても書類選考に全く通らなかった・・・30代の転職体験談

保険営業の30代男性の転職体験談
4年半も保険営業を勤めていた30代男性の転職体験談です。

「お客さんにとってベストと思える提案をしたい」という自分の考えと、「主力商品を販売しろ」という会社の方針に大きな違いがあり、お客さんに提案をするのが嫌になり、この会社では先がないと転職活動を始めたそうです。

最初は自分ひとりで転職活動をしていましたが、書類選考で落ちてばかりだったそうです。しかし、転職エージェントに登録してサポートを受けたおかげで、前職よりも年収や福利厚生が高い企業に転職できたそうです。

「求人に応募しても書類選考に全く通らなかった・・・30代の転職体験談」の続きを読む…

話下手で面接が苦手だけど転職エージェントが自分を営業してくれ転職成功

大手出版社に勤めていた話下手だという女性の転職体験談
大手教育出版社に勤めていた40代女性の転職体験談です。

大きな組織改革で在籍する部署が縮小し、仕事が忙しくなると思い転職活動を始めたそうです。

エージェントとの面談では、自分の思い込みが外れて進みたい道が見つかり、新しい職場では仕事がとても楽しくなり、仕事のパフォーマンスもアップしたそうです。

話下手で面接が苦手でしたが、転職エージェントが面接する企業に自分のことを営業してくれたおかげで無事転職も成功。

残業時間が激減したおかげで、友人と遊ぶ時間やスキルアップするための勉強時間が増えたそうです。

「話下手で面接が苦手だけど転職エージェントが自分を営業してくれ転職成功」の続きを読む…

人見知りな性格で面談が恐い!彼女が面談した後の変化がすごい

人見知りな20代後半女性の転職体験談
派遣社員として働いていた20代後半女性の転職体験談です。

ただただ毎日課された仕事をこなすだけの仕事は性格的に嫌ではなかったけど、今まで得た技術を生かして、より世の中に出ていく製品に関わっていきたいと思い転職を決意したそうです。

友人の話を聞いて転職エージェントに登録したが人見知りな性格であるため、最初は面談するのに躊躇したそうです。

しかし、勇気を振り絞って面談してみたところ、すぐに緊張は解けて自分の本質に気づけたおかげで無事転職も成功。転職後は仕事もプライベートも充実した生活を送れているそうです。

「人見知りな性格で面談が恐い!彼女が面談した後の変化がすごい」の続きを読む…

入社5ヶ月目で早期退職した20代女性の転職体験談

20代女性、小売業からの転職体験談
小売業を行なう会社の配達担当として働いていた20代女性の転職体験談です。大学を卒業して新卒採用として入社した前職では、休憩が取れないなどの労働条件下で体を壊してしまい5ヶ月で短期退職。

退職後の転職活動で「転職ショップ」という20代向けのエージェントを利用し、活動1ヶ月目にして希望する条件にあった会社に内定をもらうことが出来たそうです。

「入社5ヶ月目で早期退職した20代女性の転職体験談」の続きを読む…

会社倒産まで時間がない!転職先が見つからない40代の高齢転職体験

40代後半の電子回路設計の転職体験談
40歳後半男性、電子回路設計の方の転職体験談です。転職前の職場は社長が高齢のため、会社解散となるきっかけがあり、転職しようと思ったそうです。

最初はエージェントに不信感を抱きながら活動していましたが、経験値の高いエージェントに当たったことも幸いし、高年齢でも転職に成功。今では会社になくてはならない存在となっているそうです。

「会社倒産まで時間がない!転職先が見つからない40代の高齢転職体験」の続きを読む…