団塊の世代の退職

あと数年経つと、団塊世代とも呼ばれる第一次ベビーブームの1947年から1949年までの3年間に生まれた人たちが65歳になり、団塊の世代が大量に定年退職を迎える時期になります。

この団塊の世代の大量退職は若手にとって昇進や昇格・昇給のチャンスになるのではないでしょうか。

団塊の世代が65歳の定年を迎え大量退職する今は「いい会社」に居れば大きなメリット

管理職の退職で空いたポストを狙うチャンス

会社内では、年功序列で管理職についている人たちのポジションが空き、若手にも出世の可能性があるかもしれませんね。部長が定年退職していなくなれば、誰かがそのポジションを担うことになります。今の課長が部長になれば課長のポジションが空く、係長が課長になれば係長のポジションが空く・・・というように大きな人事入れ替えがされることになるでしょう。

また、給料の高い団塊世代が大量にいなくなることによって人件費が大きく削減されることになるので会社のキャッシュフローも良くなるでしょう。このときに良い会社にいれば若手でもその恩恵を受けることができるかもしれません。

心配される技術力や人材不足

高年齢者雇用安定法の改正で、65歳まで希望する人は引き続き雇用をする事が義務づけられたのです。これによって多数の人たちが就業や再就業してきたので、技術や能力、人脈不足を避けることはできました。

すると、60歳から65歳までの労働者が年々増え続けてしまい、大きな問題にまでなってしまいました。そして、今回団塊世代が65歳になり、新たな問題が起こるのではないかと心配されているそうです。

一番深刻な問題は、これまで会社を支えてきたベテラン社員が一気にいなくなってしまうことで、技術や人脈を失うことになってしまいます
受け継ぎがしっかりできておらず、中途半端な状態になり自分に自信の持てなくなってしまう若者もいるそうです。

退職者が増えることで電車に乗る人が減ってしまう、スーツやネクタイの売上が減るなど二次的な影響も考えらているそうです。

新たなビジネスの可能性も指摘されている

しかし、大量退職は必ずやって来るものなのです。
若手としてプラスと見るかマイナスと考えるかは、あなた次第になりますが、その違いにはとても大きなものがあることが分かります。

また、社会を新しく変化させていくことによって、次代のビジネスチャンスを見つけることができるかもしれません。

団塊世代の人たちも年齢を重ねていくので、介護やバリアフリーなどの住宅状況や社会的需要に関しても変化が現れてくるでしょう。

これからの時代の流れを読みながら、幅広い視野を持ち団塊世代を大きなチャンスへと見直してみてもいいかもしれません
色々なパターンや考え方があると思うので、様々な角度から新しい発見をしてみましょう。

団塊の世代は1940年代後半に生まれた戦後のベビーブーム世代

団塊世代と呼ばれる世代をご存知でしょうか。
この世代のことを知っているのと、知らないのとではこれからの社会事情へ大きなポイントを左右することになると思われます。
団塊世代の退職問題は必ずやって来ることであり、非常に厳密でもあり曖昧な事でもありません。

少しでも内容を理解しておける様に心の準備をしておくといいかもしれません。

■団塊世代以前の時代

団塊世代が生まれる前は、戦中また戦後直後でもあり、出産は先送りにするといった傾向があったそうです。
その反動からと、第二次世界大戦が終結し男性が復員したことから1940年代後半に生まれ、出生人口が急激に増えた戦後のベビーブームのことを言います。

1948年までは、一般的に避妊や中絶、不妊手術などが刑法で禁止されていました。
その翌年になって、改正され経済的な理由での中絶も認められるようになり、出生率が増え続けることに対しては多少のストップが掛かりました。

その結果、団塊世代は1947年から1949年に生まれた人たちの事を言い、産婆による出産が多かったとも言われています。

■経済発展を支えてきた世代

そして、経済との関連としては団塊世代が中堅となって支えてきた時期となる40代初期の頃にバブル景気時代がありました。
その後、バブル崩壊となった10年も40代中期から50代中期に経験してきているのです。

団塊世代の人たちは2013年の時点で66歳から63歳になっているでしょう。
退職していても、年金生活していてもなにも問題ない年齢です。
高齢者雇用安定法が改正され65歳まで働くことができるようになり、まだまだ現役で働いている方はたくさんいるようです

年寄りを全て団塊世代とまとめてしまっていたことは、勘違いになります。
70歳前後のの人たちは、団塊世代ではなく3年も5年もそれほど年の差は関係ないだろうと思ってる方もいらっしゃるかもしれませんが、66歳から63歳の第一次ベビーブーム世代に生まれてきた人のことを言っていると改めて理解ができます。

60歳時点でも約680万人が就業している団塊の世代たち

1947年から1949年までの3年間に生まれた団塊世代と呼ばれる人たちが、大量定年を迎える時期となります。
改正高齢者雇用安定法で65歳まで継続して働くことができる様になったため、60歳の時点で680万人が就業しているそうです。

日本経済の流れとしては、高度経済成長、バブル景気でもありそれが失われた20年間の時代を経験している人たちなのです。
日本の社会に対し良くも悪くも大きな影響を及ぼしてきた世代であることには間違いないようです。

■就業人口の多い団塊の世代

企業正社員の年齢として目立った数字が、55歳から64歳までが7割以上を占めていました。

そして、若手とも言える25歳から34歳の正社員を上回る人数がいることがわかります。
基礎年金も60歳から支給されていたものが、65歳からと引き上げられました。
この団塊世代の人たちが65歳になった時の労働力不足が問題となっているのも事実だそうです。

■企業に必要とされるベテランになろう

そして、企業としては雇用延長の手続きを進めており、定年の年齢を引き上げる定年延長と、一度定年退職をした後に再雇用する方法などがあるそうです。
再雇用を希望される方が多いそうで、これまでの給与よりは下がりますが企業側としては、負担も少なくベテラン社員を働いてもらうことができるのです。

このように、団塊世代の人たちにはなるべく働き続けてもらい、一気に老後を迎えるのではなく負担の少ない範囲内で仕事や社会に関わってもらっています

しかし、正社員として仕事を続ける人ではなく非正規社員として働く人が多いそうです。
そこで、今後問題となると予想されているのが定額部分の年金支給が始まることもあるので、一時的に無収入や無年金にならざるを得ない人も出てくるかもしれません。
高齢化社会とも言われ続けている現代、まだまだ先は見えないようです。

団塊の世代がすべて65歳に達する2014年以降の労働力不足が課題になるのは時間の問題

団塊世代の人たちは、総人口の約5%を占めているそうです。
そして、2012年から65歳となっていくため、この3年間で65歳以上の人口が約100万人ずつ増えていく勢いがあります。

団塊世代の日本経済は、バブル景気と崩壊の10年間でもありました。
その時代を経験している人たちなので、多様な価値観とハッキリとした権利意識を持っている人が多いようです。

この団塊世代の人たちが、65歳以上となる時期は必ずやってきます。
そうなることで、社会に対し大きな影響を与え次世代にも変化があると思われます。

■改正労働法の影響

退職も60歳だったものを、65歳と引き上げ正社員として働くことができる様になりました。

60歳の時点でも約680万人の人たちが就業していることが分かっていますが、この人たちが65歳となる2014年以降の労働力不足が今課題として上げられいるのです。

これまで企業を支えてきたベテラン正社員が一気に退職してしまうと、技術面や知識、人脈としても全て厳しくなるでしょう。

■社会貢献欲の高い世代

65歳で退職し企業活動ではなく、NPOやポランティア活動などを中心にされている方も多いので、労働力を企業のみと限定することはまた違う課題となるかもしれません。
ここで、団塊世代の退職を違った方角から見た時に、悪影響な事ばかりでなく若者にとって追い風となることもありそうです。

人件費用が緩和されたり、若手出世の可能性もあるかもしれません。
団塊世代が退職し、次世代がこれからの時代を受け継ぐ事となりますが、先はまだ見えずグレーゾーンのままです。

いつ出口が見えるのか、いつ扉が開くのかそれも今はわからないままですが、きっと明るい未来は見えてくると信じていましょう。
これまで、長い日本の政治経済を支え作り上げてきてくれた団塊世代の人たちへ感謝したいと思います。

職場で長年幅をきかせてきた団塊の世代が一気に居なくなると出世の可能性

戦後の復興後に動員していた兵士がし、治安や食料などが安定してきたこともあり、国民が子どもを増やし育てる余裕が出てきて出生数が急速に増えたのです。
平均的に見ても、一組の夫婦が4人以上の子供を産んだという第一次ベビーブームの世代でもあります。

団塊世代の人たちは戦後の高度経済成長、バブル景気と失われた時代を経験してきています。バブル崩壊による就職氷河期に襲われていた子供世代は不安定雇用労働者が増加したのです。

■団塊世代が抜けて企業はどうなる?

そこで、2012年頃から団塊世代の人たちが65歳を迎えることとなり、一斉に定年退職をすることになるのです。
高齢者雇用安定法が改正される前までは、60歳が定年退職の基本でした。
それを65歳まで働くこともでき、大量退職を回避する事ができました。

しかし、その場を逃れた団塊世代の人たちも、65歳をになる時期は必ずやってきます。
今まで企業を支えてきた人材が一気に職場から居なくなると考えると、不安な状態になることは隠せません

■今まで抑えられていた若手が花開くチャンス

この団塊世代の大量退職を違う角度から見れば、新しい発見ができるのではないでしょうか。
その一つに、若手にとって出世の可能性が大幅に広がると思われます。

例えば、課長が出世をすれば次の枠が空き若手から課長に昇進できるかもしれません。
平均年齢も一気に10歳近く若くなり、20代の若手社員も出世に関して全く意識をしていなかった人たちも、仕事への意欲が増してきているそうです

諦め掛けていた出世に対してもも、意欲が湧けば新しい世代へと追い風が吹いてくれるでしょう。
ですが、ここで若者にとって大事なことは出世をして何をしたいのか、どうして自分が出世をするのかをしっかり考えて欲しいことです。

目標もなくただ出世できるからや、上司から言われたからなど、中途半端な気持ちではなく企業を支えるポジションに立つ責任を持ち、前進し続ける気持ちを忘れないでいて下さい。

課長が部長、部長が役員に抜擢、平社員も係長や課長に昇進できる

団塊世代と呼ばれる時代を歩んできた人たちは2012年を境に65歳を迎えはじめ、大量退職をすると言われているのです。この状況を企業としては、逃れることはできません。

■そもそも団塊世代とは?

団塊世代とは、戦後1947年から1949年の第一ベビービーム期に生まれた世代の事を呼んでいます。
戦後の復興期に兵士が復員し治安や食料供給なども安定してきたことから、国民が子供を増やして育てるといった余裕ができ始めました。

すると、この3年間で出生率が急速に上がり、全国平均で一組の夫婦に4人の子供がいたことになるそうです。
この世代を団塊世代の人たちは日本の政治経済で、バブル景気から失った10年間全てを経験している時代でもあります。

そして、2007年から2009年にかけて200万人以上の団塊世代のサラリーマンが一斉に定年退職を迎えることになっていました。
その時に、社会に対し大きな影響がある可能性があると予想され、60歳で退職だったものを、改正高齢者雇用安定法で65歳まで継続雇用を促進することができる様になったのです。

このようにすることで、大量退職は避けることができ企業を支えてきてくれた人脈や技術を一気に失わうことは逃れることができました。
ここで、今団塊世代の人たちは65歳を迎えようとしています。

■団塊世代からの引き継ぎに期待されること

団塊世代の人たちが、退職をし始めると次世代の若手たちが企業を運営していかなくてはなりません。

バブル崩壊までに入社してきたビジネスマンたちは、出世に対し、もの凄い競争意識があったそうです。
出世できなけば恥ずかしい、一人前とは言えないとそれくらい意識のある出世争いの現場だったのです。
しかし、今となっては出世したくないと言う若手社員も少なくないそうです。
忙しい上司を前にして、自分には向いていないと自己判断してしまう人もいるのです。

その中でも一番の問題となっているのは、枠の状態でどうしても出世コースから外れてしまっている立場と思い込んでしまっている人もいるようです。
団塊世代の人たちが退職した後、課長が部長、部長が役員に抜擢されることもあるかもしれません

平社員として働いている人も、係長や課長へ昇進して職場を若返らせることもできるでしょう。
出世が出来る可能性が大幅に広がることは間違いないので、ここで諦めずしっかり前を見て上昇アピールをして行きましょう。

上司が出世すれば空いたポジションに若手が抜擢される可能性も

団塊世代は日本で一番人口が多い層でもあり、当時平均で一組の夫婦に4人以上の子供を産んでいたこととなっています。

■2014年以降に就業人口が激減

団塊世代の人たちは、60歳の時点で約680万人が就業しています。
一時期2007年問題として話題となりましたが、団塊世代のほとんどは皆さん現役で働いているのです。
そして、この世代全ての人が65歳になる2014年以降の労働不足が課題となって取り上げられていることは間違いありません。

■やっと空くであろうポストを狙う

ここで、大量退職を違う角度から見た時に、何か新しい道は開けないのでしょうか。
団塊世代の人たちは、バブル景気も崩壊も実際に経験して来ています。

出世に対しても強い闘争心があり役員として働いている方も多いでしょう。
しかし、団塊世代も一気に退職をする時期は必ずやってきます。
すると、職場には出世の枠が大幅に広がる可能性があります。
上司が出世をすれば、そこにいた枠が空き玉突きで若手が抜擢されることもあるかもしれません。

最近の若手は、出世に対しての意欲や興味が無くなりつつあり、出世ができる割合も低いと思い、無理と判断して関心が持てなくなってきています。
若手社員にどこまで出世できるかを聞いても、最高で主任クラスとほとんど出世に対して諦めに近い答えとなっているようです。

しかし、決して若手は出世したくないといった気持ちではないのです。
現場の中、目の前で忙しそうに作業をしている上司を見て、自分には向いていない、出世はしたくないと思い込んでしまっているだけなのです。

出世ができるならばしたい、任せてもらえるならやれるといった自信はあるようです。
ここで一度は諦め掛けていた出世も、見直してみてもいいのではないでしょうか
そうすることで、仕事に対してのやる気や目標も高まってくると思います。

団塊の世代の大量退職を機に「管理職の若返り」を図ろうとする職場は少なくない

年齢人口の最も多い団塊世代のサラリーマンが一斉に定年となり退職するとなると、日本の社会経済にも大きな影響を与えることとなるでしょう。

2007年には60歳での退職を65歳へと法改正し、一斉退職による混乱状況を逃れることができました。それ以降、団塊世代の人たちは現役で職場に出て働き続け、自分のポジションを保ってきていました。

しかし、その人たちも長年いた企業から退職する日は必ずやって来るのです。

■組織の一新は避けられない

すると、企業内で管理職など組織で幅をキープしていた人材が一気に職場から居なくなるため、枠が空いた状態となります
新しい人材を枠に入れるため、若手を上昇すると考えると職場が若返ることは間違いないでしょう。

管理職という立場をイメージすると、どうしても経歴数があり行動力や仕事への意欲も十分で、若手社員には無理という方もいらっしゃるでしょう。
また、高収入を保護された立場をキープし、定年までいることによって若手社員の給料上がらず、出世も出来ないといった状況が若手社員の出世を諦めさせていることの1つでもあるかもしれません。

社会に出て働く様になり、現実を突き付けられ、出世に対し興味も意欲も無くなってしまった若者が本当に多いそうです。
しかし、諦め掛けている気持ちがあっても出世ができるならしたい、管理職に抜擢してもらえるなら自信を持ってやるといった気持ちはあるようです。

■出世のチャンスを勝ち取ろう

そこで、若手への仕事や出世への意欲をもう一度起こさせるためにも、団塊世代の大量退職をきっかけにして、管理職の若返りを図ろうとしている職場は少なくないそうです。

課長が出世をすれば、その枠に若手から課長に抜擢される人も増えます。
すると管理職の平均年齢も一気に若返ることになり、他の若手社員も自分にも出世のチャンスがあるかもしれないと仕事への意欲や関心が強まってきたそうです

大量退職を違う角度から見て新しい道を開ける様にし、長年築きあげてきてくれた企業を若手たちが運営していくためにも色々な案を出し合いスタートをしてみてはいかがでしょうか。

若手が出世するのに必要な条件

団塊世代の年間出生率は250万人を超える程で、全国平均として一組の夫婦が4人以上の子供を産んでいたことになるのです。
日本の経済では、バブル景気も崩壊も経験している人たちです。

■団塊世代の退職から生み出されること

そして、2007年から2009年にかけて60歳になる団塊世代のサラリーマンが一気に定年退職をすることになり、社会的に大きな影響がでるのではと問題になりました。
大量退職を避けるため、改正高齢者公安法で65歳までの継続雇用を促進する制度が導入されました。
それから数年、今でも65歳現役で職場に出て働いている人もいます。

ですが、退職を迎える時は必ずやって来るのです。
団塊世代は大量退職となるため、企業にとってもマイナスになってしまうイメージが強いかもしれませんが、角度を変えてみれば新しい道も見えてくるかもしれません

■若手社員の台頭が望まれる

若手社員が大量退職後に出世をすることができるのでしょうか。
ポジションが空いていれば誰にでもチャンスはあります。
後は、自分次第の努力や意欲などで状況は変わってくるのではないでしょうか。

若手が出世をするために必要な条件を上げてみると、一番に言えるのは行動力、そして豊かな人脈、人望、要領の良さ、意思の強さ、ストレス耐性などがあります。
いくら頭が良くてもどんなにスゴイ能力を持っていても、行動力がなければ意味がありません。
要領の良さなどは能力面ですが、ストレス耐性や意志の強さなどは精神面としてみられるでしょう。

また、人間関係というのも重要となってくるようです。
上司から注意や指摘を受けてすぐにキレるとか、嫌な顔をするといった行動をする事は、社会人としてルール違反かもしれません。

同じスタートラインに立っていても、出世をする人としない人との差があると思います。
よく自分を見直してみて、出世を考えてみてはいかがでしょうか。

将来の出世を見据えて「良い職場に転職する」という戦略も

ここ数年間で大きく取り上げられていたのが、団塊世代の定年と大量退職についてでした。
団塊世代の人たちは、60歳での時点でほとんどが就業していて今でも職場に出て現役で仕事をしている人は大勢います。

しかし、この人たちもあと数年で一斉に定年を迎えることとなり、企業としてこの状況を逃れることはできないのです。

■団塊世代の退職を様々な角度で分析しよう

しかし、最も人口の多い団塊世代の大量退職をきっかけにして、何か違う道が開けてくる可能性もあるのです。
管理職を任されていた人たちが退職することで、そのポジションが空いてきます。
そこで、出世をする人が増え始め若手にも上昇するチャンスがあるかもしれません

最近の若手社員には、出世に対し興味や意欲を失いかけている人もいるようで、目の前で忙しそうに働き回っている上司を見て出世はしたくないと思ってしまったり、管理職の仕事は自分には向いていない、どうせ自分は出世できないと諦め掛けているのです。

しかし、正社員でいる以上出世をするチャンスは誰にでもあるのです。
若手社員も出世ができるならしたいという人はたくさんいて、任せてもらえるのならばやる自信はあると気合いはあるようです。
ただ、出世をしたくてもできない職場環境にいることや状況を認識していることも分かります。

■空いたポストを狙いに転職する選択

そこで、より確実に出世を求めるのならば、将来の出世に向けて良い職場に転職するといった戦略もあるそうです。
会社の平均寿命は10年程とも言われている時代です。
この現状で1つの会社に居続け、出世競争に勝ち抜きトップの座を確保する価値はあるのでしょうか。

もちろん、出世競争という困難な道を勝ち進み頂点へ登り切ったという自信にとつながることは間違いないでしょう。
一度冷静になって、今やっている仕事への目的や行動力、報酬を含め考えて行くことで、新しい道が開けてくるかもしれません

ここで、しっかりと自分の行動を振り返り意欲をまとめることができるのであれば、5年後も会社から求められる人材として出世していけるでしょう。

「団塊の世代の退職」の記事一覧へ

この記事のシェア・いいね大歓迎です

Facebookでシェア Twitterでシェア

あなたの会社は「良い職場」ですか?

その会社にい続けることはあなたの人生に取ってプラスになりますか?
もし、答えがNOなら、【↓こんな選択肢↓】はどうでしょうか?
「今の会社が嫌だ!このままいても自分にとってマイナスにしかならない」と思うなら・・・
「今の会社が嫌だ!このままいても自分にとってマイナスにしかならない」と思うなら・・・