英語ができるのに仕事に活かさないのはもったいない

もし現在の職種や年収に不満があり、英語を使った仕事がしたいと思っているなら、より良い条件、環境、待遇を求めて転職することをお勧めします。

専門分野に就いていてTOIEC700点以上のスコアがあれば年収1,000万クラスのハイクラス求人がたくさんありますから、キャリアと年収の同時アップも可能です。
英語が話せると転職時にも大きな強みとなりますので、憧れの職種や仕事内容、年収も夢ではありません。

英語が話せるのに仕事に活かさないのはもったいない!転職で大幅年収UPも

日系企業がこぞって海外進出をする今、英語を話せる人材には高いニーズがあります。

英語での会議やプレゼンテーション、英語での電話応対、英文でのメールのやり取りに英語の文書作成などが主な業務になりますが、実は企業が求める英語力というのはそれほど高いものではありません。

翻訳や通訳など英語のエキスパートであれば高い英語力が必須条件となりますが、それ以外の職種では多少文法が間違っていても意思疎通ができれば問題ないことがほとんどですし、ネイティブ並みの発音でなくても十分なのです。

英語を使った仕事に転職して年収アップ

転職をする際には自分の英語力をフルに活かす仕事にするか、それともプラスアルファのスキルとしてアピールするかになりますが、大幅年収UPを目指す場合には管理職や外資系企業を選択肢に入れましょう。

転職は年齢が上がるにつれて不利だという説もありますが、実際には若年層にはない経験や知識が重宝されることが多く、とくに英語でのビジネス経験がある場合や英語が話せる場合には即戦力として採用されやすくなります。

プラスアルファの英語力さえあれば高く評価してもらえる

海外留学の経験があったり、英会話スクールに通うなどして英語が話せる人たちはたくさんいますが、実際に「英語を使った仕事」と聞くと尻込みしてしまう場合が多いと聞きます。

しかし前述したように企業が求めているのは「仕事力」にプラスアルファされた「英語力」ですから、極端に言えば身振り手振りで伝えられるだけの姿勢が重要ですし、
日本人は英語が苦手ですので積極的なコミュニケーション能力は高く評価してもらえることでしょう。

英語力をアピールするなら言葉よりもTOEICで証明しよう!

今日では多くの企業が英語を重視しており、外資系企業や直接英語を使わない業務でも、世界に通用する人材を求めて英語力のあるビジネスパーソンを求めています。
もちろん海外とのやり取りのある企業も含め、英語が話せることは大きなスキルとして扱われますから、採用の際に有利に働くことは間違いありません。

その基準として位置づけられているのがTOEICのスコアであり、採用判断基準として700点以上を掲げている企業が多く、「英語が話せる」と言葉でアピールするよりもよりも高い信頼性があります。

英語能力を証明したいなら英検よりもTOEIC

従来は英語の能力は実用英語技能検定、通称「英検」によって測られていましたが、現代ではTOEICが主流です。

TOEICは世界150ヶ国以上で実施され、毎年700万人以上が受験している国際コミュニケーション英語能力テストであり、日本国内のみで流通している「英検」よりも遥かに知名度があります。
TOEICに出てくる単語は日常会話のほかビジネス用語が多く、また文章構成も実際のビジネスの現場を想定したものがたくさんありますので、まさに「生きた英語のテスト」なのです。

TOIECは200~500点ほどのスコアで「通常会話で最低限のコミュニケーションが取れる」、480~720点ほどで「日常生活を送るのに問題がなく、限定された範囲内で業務上のコミュニケーションが取れる」と位置づけられており、多くの企業で求められているのは700点以上のスコアになります。

730~850点ほどで「どんな場面でも適切なコミュニケーションが取れる」、860点以上で「文法・語彙・構文を正確に把握し、ノン・ネイティブとして十分なコミュニケーションが取れる」とされていますので、このレベルになると高い評価を受けることができるでしょう。

企業がなぜTOIECを重視するかといえば、「客観的に英語力を評価することができ」、「ある一定の水準を満たしている人材を容易に判別することができるため、手間が少ない」ということです。

TOEIC700点など誰もがわかる英語能力を保持していれば採用時に有利な立場となり、年収にも差が出てくるようになるでしょう。

TOEICで700点以上を取っておくと就職・転職に有利

近年ではグローバル化が急速に進み、外資系でなくとも世界を舞台とする企業が増えてきました。
それに伴いビジネスパーソンにとって英語は必要不可欠なものとなって、巷には英会話学校や英語教材が溢れ多くの人が英語を学習していますが、それでも一定の英語力を所有する人材は不足しています。

この英語力を証明するものとして用いられるのがTOEICであり、700点以上を取っておくと就職・転時に非常に有利に働くのです。

ビジネス英語の最低基準はTOEIC700点以上

「英語を話せます」といってもそれが挨拶程度なのか、日常会話レベルなのか、はたまた映画を字幕で見られるレベルなのか、面接官には判断することができません。

ビジネス英語の最低基準はTOEIC700点以上を掲げているところが多く、この点数は「ビジネスシーンにおける、自分の意思を英語で自由に表現できるレベル」として評価されています。

年代別にみると20代は英語への意識が高く就職活動前に積極的にTOEICを受けている人がいますが、30代以降になるとそもそも学校でTOEICを受ける機会多くなかったために英語には興味があってもTOEICに対して消極的だといいます。

30代以上の人ほどTOEICの有無で転職が有利に

30代は就職ではなく転職する人がほとんどかと思いますが、転職市場において求められているのは即戦力です。

30代後半、40代と年齢が上がるにつれてその傾向は強くなりますので、実務経験やスキルのほかにTOEICで700点以上取っておくと周囲に大きな差をつけることができます。

「この年で今からTOEICなんて…」と思うかもしれませんが、TOEICは努力次第でいくらでも点数を上げることができますし、その努力も大いに評価されることでしょう。

TOEICで700点以上を取っていると、就職・転職時に選択肢がグッと広がります。

最近では英語を社内公用語にする企業もあるくらいですので、英語は今や切っても切れないほど重要なものになっています。

英語が堪能なビジネスパーソンは増えてきていますが、「TOEIC700点」など具体的に数値として示せる人の数はまだそう多くはありません。
あなたの就職・転職を成功させるためにも、是非TOEIC700点を目指して頑張ってください。

英検2級は持ってるけどTOEICは受けてないなら受けましょう

「これからの時代はTOEICだから、英検なんて意味がない」

「就職でアピールできる英語能力はTOEICだけだ」

「企業では採用条件や昇進時にTOEICが重要視される」

最近では就職時の英語に関してこのようにいわれますが、実際には英検の勉強をしている人も多いのではないでしょうか。

英検は日本人にとって馴染みのある試験であり、「合格」「不合格」がはっきりと分かるシステムですので、ゴールを定めやすいというメリットもありますが、実際に企業が求めている人材は英検1級保持者よりTOEIC高得点者である場合が多いため、就職・転職活動をひかえている場合は是非ともTOEICを受けることをお勧めします。

英検とTOEICの目的は似て非なるもの

英検とTOEICはどちらも英語能力を測るテストですが、その特性や目的は似て非なるものです。

英検は英語そのものに焦点を当てた内容になっており、医療やテクノロジーなど社会的な英文読解も出題されるため、単語自体も普段の生活ではまず目にすることのない専門的なものもたくさんあります。

履歴書で評価されるのは高校卒業レベルといわれる2級からですので、就職活動用にと試験を受けたことがある人も多いのではないでしょうか。

しかし実際には英検2級の英語力は仕事として使うにはあまりにも貧弱であり、スピーキングやライティングもブロークンな英語が目立ちます。
準1級、1級となると評価も高くなりますが、実は英検1級はTOEICと比べてもかなり難しく、TIMEやNEWSWEEK誌レベルの英作文が出題されるため豊富な語彙力や理解力が要求されます。

勉強方法はひたすら大量の英語を暗記することが必要とされますし、英検1級はTOEIC700点台の人で合格率10%、TOEIC900点レベルの人で合格率70%ほどしかないのです。

英検よりもTOEICで学んだ英語の方がビジネスで使える

一見英検のほうがレベルが高い試験のように思えますが、それでもなぜ企業はTOEICを重視するのでしょうか?

その理由は英検が文学的な英語試験とするなら、TOEICはビジネスで使える生きた英語の試験だから。

TOEICに出てくる語彙はビジネスの現場で実際に使われているものが中心ですし、読解問題もビジネスのミーティングや商談などのストーリーが用いられています。
TOEICはこうした実践をベースにした英語を学ぶことで業務上の日常的なコミュニケーション能力があると判断され、英検の検定だけを持っているよりTOEICも受けておいたほうが自分の能力をアピールしやすくなるのです。

英語ができれば海外就職や海外勤務も夢じゃない

あなたは海外で働いてみたいと思ったことはありますか?

グローバル化が進んだことで就職先の選択は世界へと広がり、海外就職や海外現地採用を目指して就職・転職活動をする人が増えてきていますが、海外を舞台にするには、まず海外で通用する語学力が必要になります。

一般的に海外で働くというと、日本で日系企業に採用されて海外赴任になるケース、日本で外資系企業に採用されて海外勤務となるケース、そして海外で直接現地採用になるケースの3つが考えられます。

日系企業から海外赴任になるためには

日本で日系企業に採用されて海外赴任になるケースは、本社が日本にあって海外に支社があり、海外支社や出向先に勤務する形態です。

こうした企業は入社時に最低でもTOEIC700~750点を保持していることが条件であり、業務の実績や本人の希望により海外勤務の道が開けます。

まずは本社で業務内容をしっかり学んでそれから異動になるため海外勤務となるには多少時間がかかりますが、駐在員として扱われますので住宅手当や海外手当てもつき、高条件で働けるのが魅力です。

外資系企業から海外勤務になるためには

日本で外資系企業に採用されて海外勤務となるケースは、海外に本社があり、日本に支社がある場合が多いので、本社勤務になったり違う国の支社で働くことが考えられます。

外資系企業ももちろんTOEICのスコアは必須ですが、それより重要なのは英語でコミュニケーションを取ることが出来て、異文化の中で自分の意見や提案を模索・主張できる人間力です。

外資系企業は情けや同情のない完全な成果主義の厳しい世界ですが、ここで培った英語力や対人コミュニケーション能力は大きな財産となるでしょう。

海外で直接現地採用されるためには

海外で直接現地採用になるケースは、日本であればインターネットで情報を収集するか、もしくは現地に飛んで直接探す方法があります。

しかしインターネットに掲載されている情報はとても少ないですし、情報自体が古いこともありますから、個人で探すのは難航するかもしれません。
また海外では内定のような制度を設けているところは少なく、決まればすぐにでも出社する方法が一般的ですから、渡航までに時間がかかりすぎるとなかなか決まらない可能性もあります。

海外就職や海外勤務の仕事を狙うためには、まずはその企業に採用されるだけの英語力をTOEICで証明し、そしてそのスコアに見合うだけの英語でのコミュニケーション能力をつけることが必須となります。

逆にいえばTOEIC700~800点のスコアを取ってしまえば憧れの海外勤務への道が開けますから、一念発起して英語の勉強に取り組んでみてはいかがでしょうか。

翻訳・通訳だけじゃない!こんなにある英語を活かせる仕事

求人サイトや就職・転職サイト、求人情報誌などには英語を活かした仕事がたくさん掲載されていますが、「英語を活かした仕事」と一言でいってもその仕事内容や職種は多種多様です。

その中にはTOEIC850点以上を最低条件として掲げるハイクラスなものから、英語に興味がある人や英語を勉強中の人でも応募できる仕事までさまざま。
TOEICの高得点スコアは持っているけど未経験、そんなあなたにも活躍のチャンスが溢れていますから、色々な求人を見て自分に合うものを探してみてください。

翻訳・通訳以外で英語を生かせる仕事

貿易事務

輸出や輸入に関わる各種事務手続きが主な仕事で、貿易取引文書を作成したり、国内外への物流手配などを行います。
英語力の他に貿易全般、また外国為替などの知識が要求されますが、貿易事務として経験を積む事により貿易専門のエキスパートとなれる他、通関士を目指すこともできます。

海外営業事務

受注や発注、契約書作成、会議資料作成、ファイリング作業など通常の営業事務の業務に加え、海外の商品やサービスを日本に展開する場合には英文でのメールや資料作成、また英語での電話対応もあります。

海外本社・支社とのやり取りもありますので、英語でコミュニケーションを取れる程度のスキルが求められます。
また英文事務として文書作成に重点を置いたポジションもあります。

ITエンジニア

顧客のシステム開発からネットワークの構築、運用保守など、世界を舞台に活躍できるITエンジニアには強いニーズがあります。

日本ならではの高い技術力を駆使した開発やサービスを海外に販売にしている企業はたくさんありますので、現場での開発に携わるだけでなく、海外への出張や海外の顧客との折衝などさまざまな業務を経験することができます。

英文仕様書の読解に顧客とのメールのやり取り、最新の技術の吸収など高い英語力が求められるでしょう。

秘書・受付

外国人社長・重役の秘書、来賓秘書、役員秘書は、ビジネス英会話力が求められ、通常の秘書業務や庶務、雑務もこなす必要があります。
受付の仕事は来客の対応や電話の取次ぎなどが主な仕事となりますから、日常会話に問題がないレベルの英語力が求められます。

受付は英語を活かした仕事の中では比較的ハードルが低く、TOEIC700点未満でも採用してもらえることもあります。

この他にもゲーム業界、金融業界、ファッション業界、旅行業界、英会話スクールなど英語を活かせる仕事はたくさんありますので、就職・転職時にはできるだけたくさんの情報を集めてみてくださいね。

就職時に英検よりTOEICが重視される理由

日本は資格が重視される社会ですので、資格を取れそうな環境であればできるだけ多くの資格を取得しておいたほうが得です。

特にTOEICは現代の英語の代表的な資格試験であり、一定のスコアがあるのとないのでは就職・転職活動に雲泥の差が出てきます。

社会はこれからますますグローバル化が進んでいきますので、TOEICを通して世界に通用する語学力とコミュニケーション能力を習得しましょう。

今の就職では英検よりもTOEICが重要視されている

かつては英語の資格試験といえば英検が主流でしたが、今日の就職・転職業界ではTOEICのスコアが最も重要視されています。

英検は英語を使う場面が定義されているものではなく、リーディングにリスニング、スピーキングにライティングと総合的な英語力の習得レベルを判断するテストですが、TOEICは国際コミュニケーション英語能力としてビジネスパーソンの英語基礎力を測る試験内容となっています。
またTOEICは日本独自の英検とは異なり、全世界で用いられているテストですから国際標準の英語力を測りやすく、英語を用いたビジネスシチュエーションも同時に学ぶこともできるのです。

就職・転職の際に企業に履歴書が送られてきたとき、人事部や面接官が最初に目を通すのは経歴と取得資格です。

賢明な企業であればTOEICのスコアは参考程度にして、英語力を測ることはありませんが、それでもビジネスレベルのTOEIC700点以上を保持していれば採用の目に留まりやすいものです。

希望する職種や業界に英語が直接関係ない場合でも間接的・将来的に英語が必要とされる可能性はありますから、選ばれる人材となるためにはTOEICは受けておいたほうがいいでしょう。

TOEICは継続的にスコアを更新しなければいけない

そしてTOEICのスコアを所持していると、英語力への意識の高さや努力をアピールすることができます。

英検は1級、2級など一度取得してしまえば永久的にその級を保持できますが、TOEICの試験結果は有効期限が2年とされていますので、常に更新をしていく必要があります。つまり努力をしなければ現在のスコアを維持できませんし更に高いスコアを狙うこともできませんので、継続型の資格試験ということもTOEICが重視されている理由の一つなのです。

英語を生かせる仕事に就くと、選べる仕事が増えてくる

未だ回復しない景気に就職難、ボーナスカット、リストラと不安な雇用背景が続いていますが、就職・転職サイトや情報誌には山のように求人情報が掲載されています。

何らかのスキルや経験を持った「企業にとって価値のある」人材は常に求められており、専門性が高くなればなるほど選べる仕事も増えてくるものです。

「そうはいっても特別な資格は持ってないし…」「今から何を始めていいのか分からない…」そんな人は英語力をつけて、TOEICスコアを肩書きにすることをお勧めします。

英語力を身に付けておくと選べる仕事が増える

英語を活かせる仕事に就くからにはそれなりの英語力が求められますが、その経験はあなたの財産となり、将来的に選べる仕事が増えてきます。

英語を使う相手というと外国人ですから、語学力だけでなく異文化への理解力もつきますし、ネイティブスピーカーをあいてに交渉やコミュニケーションが取れる人は国際感覚を身に着けているということで多くの企業から歓迎されるでしょう。

就職や転職は年齢が若ければ若いほど有利に働きますが、英語力を活かした仕事の経験者はとても貴重ですから、年齢の縛りも柔軟に対応してもらえることもあります。

女性の場合だと妊娠・出産を期に仕事を辞めなければいけないケースもたくさんありますが、TOEICスコアなどの英語のスキルは資格と同じ扱いですから、産休制度を利用できたり再就職時にも仕事が見つかりやすい傾向にあります。
週に数回のアルバイト・パートであっても英会話スクールや塾講師など割にいい職業に就くことも可能ですから、英語力を上げておくと長いスパンで仕事をできるようになります。

業務に直接関係なくても英語は重要

誰もが知るユニクロや楽天は早々に社内の英語効用化を実施しており、日産やSHARPなどの一流企業も社内公用語に英語を取り入れていますし、業務に直接英語を使用しなくても英語は避けては通れないほど重要なものになってきています。

英語を活かした仕事に就いた経験があれば、製造業、流通業、販売業、インターネットビジネス業界などさまざまな分野を視野に入れることができますから、自身の英語のスキルをあげて憧れの業界にチャンレジしてみてください。

企業が求める「英語ができる人物像」とは

今日の日本社会は年功序列や終身雇用制度がなくなり、個人で専門的な知識やスキルを身につけて自ら経験を積んでいかなければいけない時代に突入しています。

医者や弁護士など特殊な技術や資格を持っている場合はともかく、一般企業に就職・転職を考えている人は少しでも自分の価値を上げ、企業が求める人材にならなくてはいけません。
最近の就職事情ではTOEICのスコアが重視されるようになりましたが、実は企業はTOEICのスコアが高ければ誰でもいいわけではなく、英語を使って仕事のできる次世代のビジネスパーソンを求めているのです。

企業の採用情報にTOEIC700点以上と記載されている理由

企業の採用情報にTOEIC700点以上と記載されていることがありますが、これは一般的にネイティブスピーカーと1対1でビジネスコミュニケーションを取れるレベルだと想定されています。
しかし実際にはTOEIC700点前半の英語力というのは商談や会議もままならず、一人で海外旅行をするのがやっと…というレベルの人がほとんど。
英語で議論・交渉をしたり、プレゼンテーションが出来るのは大体800点以上くらいからでしょう。

それでも多くの企業が「TOEIC700点以上」に拘るのは、ビジネス英語の最低ラインとされているからであり、選ばれる人材になるためにはそこからの努力も必要になってきます。

協調性だけではなく英語力も重要になってきた時代

グローバル化の進む現代では「協調性がある」、「チームワークが得意である」というアピールはもはや時代遅れであり、個人としての能力を証明しなくてはいけません。
リーダーシップに自己主張できる力、セルフマネジメント能力、コミュニケーション能力、そして従来の考えに固執しない思考、誰ともかぶることのないユニークさは次世代を担う人材として重宝されます。

こうした人間力に加え、実用業務、英語での口頭・メールでのコミュニケーション、英文による資料作成や文書作成、また英語能力が高くなくても前向きに学ぶ姿勢が必要となってきます。

この中でも最も大切なのが自立性であり、未知の領域や問題でも積極的に取り組み、考え、そして解決策を引き出せる能力はこれからの未来に欠かせないものとなってくるでしょう。

英語は日常会話レベル、それでも英語を活かした仕事に就きたい!

留学に英会話スクール、独学、そして学校で学んだ英語など、身につけた英語を活かした仕事に就きたい!

しかし英語ができるというだけでは仕事に就くことができませんから、TOEICのスコアなど能力を示せるスキルを身につけて就職・転職活動に役立てたいところです。

英語を活かした仕事といっても日常会話ができればいいというところから、TOEIC850点を超すハイスコア保持者のみを採用するところまでさまざまですので、まずは自分の希望の職種や企業がどれだけの英語力を求めているかを調べてみましょう。

どのくらいの英語力があれば仕事に活かせる?

一般的に日常会話ができるレベルというとTOEIC600~700点ほどだといわれていますが、このレベルでも英語を活かした仕事というのはたくさんあります。

高度な英語力を要求されない「英語を使った仕事」というと、英文メールでの顧客とのやり取りや受付・電話対応業務、海外顧客・ユーザーへのフォロー、現地代理店とのコミュニケーション、英文での資料作成などが挙げられます。

こうした仕事は英語が軸ではなく、通常業務に英語が入り込んだ内容ですから未経験者でもハードルが低く、英語が日常会話レベルしか出来なくても採用されやすい傾向にあります。

英語はツールと捉えてスキルアップさせることが重要

しかしここで重要となってくるのは、英語を仕事のツールとして使い、どんなメリットや功績を上げられるか、ということです。
漠然と「英語を使った仕事がしたい」と思っていても仕事の幅は広がりませんし、本人が努力しないことには昇給や昇進もありませんから、他の人が持っていないスキルを率先して吸収・実践していく必要になります。

英語はパソコンと同じで仕事をするためのツールとしてとらえ、それを使って何ができるのかということが重要なのです。

英語は日常会話レベルでも英語を活かした仕事に就くことはできますが、年収アップやスキルアップを狙うのであれば、日常会話英語からビジネスレベルの英語へと発展させていく必要があります。

業務で使う単語を覚えたり、ビジネスメールの定型文を覚えたり、就いている業種についての海外の知識を学ぶなどいくらでも方法はありますので、情報収集に力を入れて努力してみてくださいね。

「英語ができるのに仕事に活かさないのはもったいない」の記事一覧へ

この記事のシェア・いいね大歓迎です

Facebookでシェア Twitterでシェア

あなたの会社は「良い職場」ですか?

その会社にい続けることはあなたの人生に取ってプラスになりますか?
もし、答えがNOなら、【↓こんな選択肢↓】はどうでしょうか?
「今の会社が嫌だ!このままいても自分にとってマイナスにしかならない」と思うなら・・・
「今の会社が嫌だ!このままいても自分にとってマイナスにしかならない」と思うなら・・・