上司や経営者と合わなかったから転職しました【男性の転職体験談】

上司や経営者と合わなかったから転職した方の体験談を集めました。

回答が多かったため男性・女性でページを分けました。このページは男性の体験談です。女性の体験談はこちら。

同族経営のワンマン社長の恐怖政治体質(25歳・広告代理店の法人営業)

25歳男性、中小広告代理店の法人営業で新規開拓とルート営業をしていました。

同族の中小企業で、よくありがちなワンマン社長の恐怖政治体質だった為嫌気がさして転職を決めました。

条件もかなり悪く、30代の中堅社員でも手取りが20万ちょっとに、賞与も年間5か月と言っておきながら実質2か月分しか出たことがないという薄給で住宅ローンを組むのにもかなり苦労するレベルの給与でした。

外回りや営業資料作成などで帰りが9時以降と遅くなることもしばしばでしたが、残業代は一切出ず、残業届を出そうとしても途中で却下されるという完全な違法ブラック企業でした。

社長も創業者である父親の跡を継いだだけのバカ息子で、頭も悪く全く仕事もできないくせに口出しだけは一丁前にしてくるので現場も混乱することしばしばで、仕事をしていて馬鹿馬鹿しい思いしかしませんでした。

転職先も同族経営の会社でしたが、権限もちゃんと委譲され社員に還元されていたので転職によって不満は解決されました。

上司が変な人でした(32歳・コンサルタント)

32歳・男性・コンサルタントです。

上司が変な人でした。あくの強い人で、好き嫌いも激しく、言われた通りにやった仕事について文句を言ったり、無茶ぶりをしてきて、ついていくのが大変でした。

「お前を採用したのは間違いだった」などと言われ、採用面接の際にも会っているのに何でそんなことを言われるんだろうと思いました。

今考えればそういったパワハラまがいのことをして私のメンタルを試していたのかもしれませんが、やられたほうはたまったもんではありません。

何が上司の気に障ったかもわからず悶々としていたのですが、部署が異動のないところでしたので、この人と定年までいるのは辛いと思い、最終的に転職を決意しました。

辞めると言ったら翌日から来なくてよいということになったので、厄介払いしたかっただけなのかなとも思っています。

転職後して良かったです。新しい職場では人に恵まれました。

仕事を教えてもらえないのに店長に嫌味を言われる(カメラスタジオのスタッフ)

転職前の職業はカメラスタジオのスタッフで、主にスタジオのアシスタント補助から接客までやっていました。

転職しようと思った理由は、勤務先の店長と合わなかった事と一カ月間ろくに仕事も教えてもらえなかった事がきっかけです。

スタッフが足りないので、是非働いてほしいと言われて入社したのにも関わらず、仕事も教えてもらえなく、仕方ないので自分でやれることを探して働いていました。

自分なりに努力をしていたのですが、自分でできる範囲の仕事などあまり多くはなく、勤務先の同僚に仕事を教わろうにも「店長に聞いてください。店長の許可は?」等々言われ、最終的に誰に聞いても教えてはもらえませんでした。

その後一カ月くらい経ってようやく教えてもらう事になったのですが、慣れない仕事で中々上手くいかない日々が続きました。店長からは毎日のように嫌味を言われ、だんだん職場に行く事が恐怖になりました。

結局、精神的にも持病的にも限界で、転職しようと決断しました。

転職して精神的にも開放されたような気分でした。 最初こそまた同じ事が起きるのではと怖かったのですが、転職して良かったと思います。

上司からのプレッシャーが強すぎる(26歳・不動産業)

26歳、男性、不動産業です。

営業の仕事で上司からのプレッシャーが強かった部分と、入社前に聞いた業務内容ができなかったことです。

入社前には、英語を使った業務を任せたいとのことで意見が一致したのですが、会社の事業縮小のため、英語を使った業務は皆無になりました。

また業務に対するフォローはまったくなく、「丁寧に教える」と入社前には言っていたところが、「社会人なら自分で考えて当たり前」と一切の教育システムがない会社だったため退職しました。

加えて上司はとても気分屋な人間で、ミスの有無にかかわらず機嫌が悪い時は怒鳴り散らして叱責するなどパワハラと思えるような場面が何度もありました。

在職中は精神的に病んでしまい、ほぼ最後の手段として退職しましたが、今でも働いていたらと考えるとぞっとします。

経営者が変わって改悪!別のホテルに(43歳・ホテルのフロント)

転職時は43歳と結構ギリギリの年齢。 男性でホテルのフロントをしていました。転職した理由は多々ありますが、大きく分けて二つありました。

ひとつは今まで散々我慢して働いてきた会社なのに、経営者が変わってからスタイルがまったく昔と違い、利益優先の今の時代向けに切り替えて、古き良きホテルを台無しにしてしまったことです。当然経営は芳しくなく、改装工事にお金をかけたわりに集客は減る一方、そこに来て自分はまったく畑違いの部署に飛ばされそうになって、プツンと何かが切れました。

もう一つは10年来目標の一つとしていた留学(大学時代に行き損ねた野望)に、どうしても生きているうちにチャレンジしたかったから。

45歳までには実現したいと節約で地道にお金を貯めていて、それが上記の理由と折よく重なったために退社を決意しました。その後、イタリアの近くにあるマルタ島へ半年間の社会人留学へ出かけました。

間違いなく転職して良かったと思えます。あのままではどんどん沈んでいく泥船に乗っているようなもの。留学後に付いた仕事はまた結局ホテルマンでしたが、今度は外国人90%の旅館で毎日たくさんの言語と触れ合いながら気楽な人生を送れています。

外国語を喋るのが趣味の僕にはぴったりの仕事なので、給料が前より安くなったとしても、今は辞める気はおきません。

「転職した理由アンケート」の記事一覧へ

この記事のシェア・いいね大歓迎です

Facebookでシェア Twitterでシェア

あなたの会社は「良い職場」ですか?

その会社にい続けることはあなたの人生に取ってプラスになりますか?
もし、答えがNOなら、【↓こんな選択肢↓】はどうでしょうか?
「今の会社が嫌だ!このままいても自分にとってマイナスにしかならない」と思うなら・・・
「今の会社が嫌だ!このままいても自分にとってマイナスにしかならない」と思うなら・・・
2018年2月17日 上司や経営者と合わなかったから転職しました【男性の転職体験談】 はコメントを受け付けていません。 転職した理由アンケート