給料やボーナスが低すぎて転職しました。結果は・・・【男性の体験談】

給与や賞与が低いことの不満から転職した人の体験談を集めました。

回答が多かったため男性・女性でページを分けました。このページは男性の体験談です。女性の体験談はこちら。

同年代との給料差に、出世しても苦労すると考えて(31歳男性・生産ライン管理者)

係長として生産ラインの管理者に従事していました。

係長といえども夜勤もあるし、役職手当など一円もつきませんでしたが、仕事自体はやりがいがないわけではなかったのでサービス残業やサービス出勤があっても以外と気にしないで仕事をしていました。

本来ならば上記のサービス残業に関しては違法なので、もっともっと気にするか、未払い残業代請求の訴訟をするか、労働基準局に持ち込む案件だったと今になると思いますね。

転職を決意したのは平均年収というものを見てしまってからでした。同年代の一般社員でも私の年収より100万円近く多かったのです。

さすがに役職がついているのに一般社員に給料が負けているような会社では出世したとしても先々でお金に苦労をしてしまうかもしれないと思いすぐに転職をしました。

転職先は生産ラインの設備保全でしたが、基本的には残業はなくて快適な環境になりました。

設備を扱う仕事につきたいという希望も叶ったので良かったと思います。

経営不振で、ボーナスは少なく昇給もない待遇だったため(22歳男性・自動車整備士)

車が好きでついた職業でしたが、給料が安く、将来にも不安を感じました。このままだと大好きな車も持てないと思い、転職に至りました。

車が大好きで自動車整備士の資格を取得して楽しいカーライフが待っていると思っていました。仕事は肉体労働でケガ等もしていましたし、手の爪の間はいつも真っ黒でした。

それは、自動車整備士だから仕方ないとは思いましたが、このままでは人生何も変わらないと思ったのです。また、その勤め先の自動車整備工場も、あまり経営がうまくいっておらず、ボーナスは寸志・・・昇給もなしといった待遇でした。

苦労して整備士になった割にはあまりにもむくわれていない気がしてなりませんでした。

お金もそうですがやはり将来の不安っていうのも理由として大きかったです。
働いている先輩方は自動車整備士としての技術は優れていたものの不安や不満、愚痴がこぼれる職場でした。

転職をして、自動車整備の知識を活かした仕事に就くことができました。新しく覚えないといけないことはたくさんありましたが、労働環境や問題としていた給与面は確実に良くなりましたので良かったと思っています。

給料の少なさとボーナスがない事で、将来の不安を感じたため(25歳男性・飲食店正社員→Webプログラマー)

もともと飲食店の正社員をしていましたが、給与も少なく、またボーナスなどもなく将来に不安を感じたのが、転職をしようと思ったきっかけです。その他にも、仕事内容自体、簡単な作業で、このままこの仕事をずっと続けて大丈夫なのかという不安もありました。

転職をしたいと考えた時に、私自身は特に資格などもなく、飲食などの同じような業種に転職するのは、不安という気持ちがありました。

色々今後を考えたり、転職先を探していた所、当時IT技術者が不足しているということをよく耳にしていたため、プログラマーになろうと決めました。

パソコンは昔から触っていましたが、プログラミング自体には全く無知だったため、飲食店の正社員をやりながら1年間独学でプログラミングの勉強をしました。1年間の勉強の成果が実り、転職することに成功しました。

転職して、給料が上がりました。ただ、日々覚えることが多く大変な面もありますが、前職では感じられなかったような達成感があり充実しているため、転職してよかったと思っています。

収入の波がある自営業に不安を覚えて(38歳男性・トラックドライバーから→板金焼付塗装業)

元は自営業をしていました。自分の会社なのでやりがいはありましたし、ビジネスの楽しさや厳しさも学ぶ事は私にとっては充実していました。

ただ、収入の波があり過ぎる業界でしたので良い月とそうでない月の差が精神的にもしんどかったです。また将来的に不安感がとてもありましたしこれから伸びしろがある業界ではないかったのもきっかけになりました。

子供が成長していく上での収入面や、終わりのない拘束時間から家族ともあまりコミュニケーションの場が無くなっていたのも一つの原因だと思います。

そのような環境の中でこのままではやはり厳しいと判断し、安定的な収入とある程度決まっている拘束時間の量両立が良いと感じ転職をしようと思いました。

収入面では満足感ややりがいはありませんがそれなりの生活習慣をつくり、日々充実はしていると思います。

バブルが終わり仕事がない時が5年続きました(45歳男性・サービス業)

建築業から転職しました。 建築の学校を卒業し、学校の企業説明会で推進していた企業に職人として入社しました。

はじめのうちは仕事も多く生活も安定しておりましたが、バブル経済が終わり閑散期に入り仕事の依頼が会社にまわらず、長いときで半年間仕事が無いときが5年続きました。仕事が無いときは掛け持ちでアルバイトをしながら生活を繋いでおりました。

そんな折、アルバイト先のオーナー様に転職のお声を頂き、転職を決意しました。
私が働いておりました会社では「日当」で、仕事がなかったら出社しても収入がありませんでした。会社の許可を頂き、アルバイトをさせていただいておりました。

接客を行うサービス業に身を置いて、こんなにも充実感を得られるとは正直思いませんでした。

物作りの現場の仕事も、達成感やチームで取り組む喜びも大いに魅力的で素敵なことでしたが、やはり生活面が安定しなければ、仕事も続けることに儘ならず、お世話になった親方や会社へ満足に貢献できず不十分なまま転職となりましたが、転職相談に親方も親方の奥様も応援して頂けました。

6年間の修行でまだまだ見習いの身でありましたが、親方や奥様の応援、斡旋していただいたアルバイト先のオーナー様と皆様のご好意にりより、無事転職できました。 転職して良かったです。
職人時代は無かったボーナスをはじめて貰えたときは感動しました

将来を考えると、一生は続けられないと思い転職(21歳男性・介護業界→販売業)

もともと介護業界は低賃金で労働環境が良くないと知っていましたが、資格を持っていたこともあり、就職をしました。働いてみると、最初のうちは楽しく、安月給の気になりませんでしたが、長く働くにつれ生活が厳しくなるのを実感していきました。

働いていた会社は当時業界最大手でしたが、他の事業所に比べ給料は安く、ボーナスもなし

辞めていくスタッフも多いが、新しいスタッフは見つからず、少ない人数で多くの業務をこなす毎日。

本部の社員に求人について話を通すも、どこの事業所も人手不足だからの一点張りで、改善の余地なし。
私自身、男性ということもあり、将来の結婚や生活を考えると、一生続けていく仕事ではないなと思い転職を決意しました。

転職してよかったと思います。新しい環境で刺激もあり、新しい出会いから世界が広がりました。同じように悩んでいる人には勇気を出して転職をしたほうがいいと強く勧めたいと思います。

手取りが少なく将来に不安を覚えて(41歳男性・学童保育指導員から→公務員)

転職しようと思った1番の理由は給与面です。当時30歳だった私の手取り給与は18万円でした。結婚を考えていた相手も保育士として同じぐらいの給与でした。

2人で生活していく分には、それほど困る金額ではありませんでしたが、将来結婚して、子どもを育てることを考えた時には、とても心配になりました。同じ職場の先輩に聞いても、給与のあがっていく見込みはそんなになく、期待できないものでした。

とにかくお金のことが1番でしたが、今、他の理由を思い返してみると、自分自身のその仕事への適正の低さや、付き合っていた女性の職場や住んでいた場所の物理的な距離の遠さも理由だったと思います。

まだ年齢も若く、違うことをやれるチャンスがあると信じていたのも転職の原動力になりました。

転職してよかったです。公務員への転職で給与面の問題は解決できました。

店舗の長でありながら、裁量権も昇給もなく、このままの給与で定年まで続けては老後の貯蓄もままならない(39歳・会社員)

39歳男性、会社員です。 私が勤めていたのは温浴施設を運営する会社であり、とある温浴施設の支配人として、現場運営やスタッフ管理の業務に従事していました。

支配人といっても給与は特に高いわけではなく、平社員と比べてもそう大差ないものでした。

休みも不定期、年末年始も関係なく仕事、人員も足りない等不満に思う条件はいくらでもありましたが、反面、売上ノルマ等は厳しくなかったので妥当だとも思っていました。

しかし、40歳を目前にして転職を決めたのは、どうしても将来に対する不安がぬぐいきれなかったからです。

仮にも店舗の長でありながら、裁量権も昇給もなく、このままの給与で定年まで続けては老後の貯蓄もままなりません。また、店舗は老朽化していくものですから、今の店舗が無くなった時に次のポストの保証もありません。そういった不安(不満)を会社に伝えても会社からの回答はありません。

もう一度やり直す事を考えると、40歳というのは例え手遅れであっても最後のチャンスと考え決めました。

転職してみて、40歳という年齢でも採用する会社というのは、やはり何らかの問題のある会社だと思いました。

私の選んだ会社の場合は、給与水準・勤務時間は前職と変わりませんが、モラハラ・パワハラが酷く、精神的にはかなりきつくなりました。しかし、それでも自分で選んだ・挑戦したという気持ちがあるので、転職に後悔はありません。

「転職した理由アンケート」の記事一覧へ

この記事のシェア・いいね大歓迎です

Facebookでシェア Twitterでシェア

あなたの会社は「良い職場」ですか?

その会社にい続けることはあなたの人生に取ってプラスになりますか?
もし、答えがNOなら、【↓こんな選択肢↓】はどうでしょうか?
「今の会社が嫌だ!このままいても自分にとってマイナスにしかならない」と思うなら・・・
「今の会社が嫌だ!このままいても自分にとってマイナスにしかならない」と思うなら・・・
2019年1月28日 給料やボーナスが低すぎて転職しました。結果は・・・【男性の体験談】 はコメントを受け付けていません。 転職した理由アンケート